授業コード 20078600 クラス
科目名 スポーツ文化論 単位数 2
担当者 石橋 勇 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 スポーツ文化を理解する.
授業の概要 スポーツを文化として捉え,社会におけるスポーツの意味の変遷を考察し,現代社会におけるスポーツのあり方を考える.
本講義は,パワーポイントを使用し,進めていきます.
学習の到達目標 スポーツ文化を理解し,スポーツを様々な視点から捉えるようにする.
授業計画 第1回 ① 講義についてのガイダンス
第2回 ② 文化としてのスポーツを考える.
第3回 ③ 日本のスポーツ文化①
第4回 ④ 日本のスポーツ文化②
第5回 ⑤ 日本のスポーツ文化③
第6回 ⑥ 日本のスポーツ文化④
第7回 ⑦ 広島のスポーツ文化
第8回 ⑧ プロ野球のスポーツ文化
第9回 ⑨ ナショナリズムとスポーツ①
第10回 ⑩ ナショナリズムとスポーツ②
第11回 ⑪ スポーツとジェンダー①
第12回 ⑫ スポーツとジェンダー②
第13回 ⑬ スポーツファンの文化
第14回 ⑭ 体育とスポーツ①
第15回 ⑮ 体育とスポーツ②
授業外学習の課題 ②自分の身近に感じるスポーツ文化について調べておく.
③文化について定義し,スポーツと文化についてノートをまとめる.
④日本のスポーツ文化について,ノートをまとめる.
⑤日本のスポーツ文化について,ノートをまとめる.
⑥日本のスポーツ文化について,ノートをまとめる.
⑦広島のスポーツ文化について,ノートをまとめる.
⑧プロ野球のスポーツ文化について,ノートをまとめる.
⑨ナショナリズムとスポーツについて,ノートをまとめる.
⑩ナショナリズムとスポーツについて,ノートをまとめる.
⑪スポーツとジェンダーについて,ノートをまとめる.
⑫スポーツとジェンダーについて,ノートをまとめる.
⑬スポーツファンの文化について,ノートをまとめる.
⑭体育とスポーツについて,ノートをまとめる.
⑮体育とスポーツについて,ノートをまとめる.

すべての項目をきちんと整理し,レポートに備える.
履修上の注意事項 出席・ノート整理がきちんと出来ること.
提出物に関しての評価を重視します.
授業内での課題等が提出されない場合は欠席とします.
欠席は5回程度とし,それ以上の欠席がある場合やレポートの提出が無い場合には単位認定は行いません.
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(20%),課題・小テスト(20%),レポート(60%)による総合的評価を行います.
テキスト 使用しません.
参考文献 講義中に適宜紹介します.
主な関連科目 スポーツ文化論Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
普段は,福山平成大学健康スポーツ科学科に勤務しています.
mail:tsuyoshi@heisei-u.ac.jp

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科社会学専攻(人間関係学科科目) FHHS21103 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部心理学科(健康科学部総合科目) FHPS41002 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部健康栄養学科(健康科学部) FHNU10301 2017~2017 1・2・3・4