授業コード 20059300 クラス
科目名 体育科教育内容論 単位数 2
担当者 菅尾 尚代 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 体育学習の基礎と展開
授業の概要 小学校で体育科を指導するために必要な運動領域と保健領域の基礎知識を学習します。学習を通して、子どもの心身の発育・発達を促し生涯にわたって運動に親しむ資質や能力の基礎を育てるための具体的な運動内容や健康・安全ついての理解を深めます。
学習の到達目標 1.体育科の各領域における基本的な知識を獲得するとともに、大学の内外における思考と行動にわたる幅広い学修への視点を広げることができる。
2.各領域の専門的事項を教育に活用することについての判断ができる。
3.専門的内容の理解に基づいて体育科教育に対する関心と意欲を高める。
授業計画 第1回 第1回:子どもと運動(授業内容の概要.小学校の教育活動における体育科教育が果たす役割.)
第2回 第2回:体育科教育における運動領域と保健領域の構成
第3回 第3回:体つくり運動
第4回 第4回:器械運動系
第5回 第5回:陸上運動系
第6回 第6回:水泳系
第7回 第7回:ボール運動系
第8回 第8回:表現運動系
第9回 第9回:振り返りと小テスト
第10回 第10回:毎日の生活と健康
第11回 第11回:育ちゆく体とわたし
第12回 第12回:心の健康
第13回 第13回:けがの防止
第14回 第14回:病気の予防
第15回 第15回:まとめと小テスト
授業外学習の課題 授業に該当する内容についてあらかじめ予習しておくこと。また、授業後に出す課題については、授業内容を整理し理解を深めることを心掛けて取り組むこと。
履修上の注意事項 授業の成績評価は各授業で取り扱う内容の理解を重視するので、5回以上欠席した場合は評価されないことを注意しておくこと。
成績評価の方法・基準 1.授業内の2度のテスト(50%)
9回目に3~8の内容、15回目に10~14の内容に関するテスト(各50点満点)を実施する。
2.ポートフォリオの提出(50%)
本授業を通して各自が収集した資料、及び授業に関して実施した課題等を15回目の授業で提出し、これを情報収集及び整理の能力の側面と授業への積極的な取り組みの観点から評価する。
テキスト ・文部科学省『小学校学習指導要領解説 体育編』平成20年8月
参考文献 ・雑誌『体育科教育』大修館
・徳永隆治・木原成一郎・林俊雄 共編著『新版 初等体育科教育の研究』学術図書出版2010
他 授業で適宜紹介する
主な関連科目 体育科教育法
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業修了時に受け付けます。また、大学交付のメールアドレスが人文学部ホームページで公開されているので、利用してください。ただし、件名に受講生であることを明記すること。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(他専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(自専攻科目) 2011~2015 2・3・4