授業コード 20056302 クラス 02
科目名 教育学特論Ⅸ 単位数 1
担当者 小長野 隆太 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 音楽理論とピアノ実技(Ⅱ)Music Theory and Piano Technique (Ⅱ)
授業の概要 小学校の音楽表現教材の理解を伴う個別の表現活動・指導と音楽理論の学習を繰り返し行うことによって表現技術を習得していく。
個別の表現活動・指導の具体的な進め方としては,受講者を音楽の習熟度別に2クラスに分け,田中香月と小長野隆太がそれぞれ担当する。毎週,受講者は担当教員からそれぞれの習熟度に応じた課題が与えられるので,授業時間外で個人練習を行い,次回の授業でその練習成果を披露し,担当教員の指導を受ける。そして,学期中間・末には実技試験(学期末は公開)を実施する。
音楽理論の学習については,楽典に関する内容を取り扱う。進め方としては,授業の最初に各内容を解説し,その後にその内容に関する課題を課す。受講者はその後の個別の表現活動・指導の際に課された課題を行う。
学習の到達目標 1. 受講者の音楽の習熟度に応じたピアノ学習教材の独奏や歌唱教材の伴奏・弾き歌いを教材理解と合わせて行うことによって,小学校の音楽表現教材の理解を深めると共に,ピアノ・歌唱に関する技能を習得する。
2. 音楽理論の学習と上記の楽曲を演奏する中で,楽典に関する知識と読譜力を習得する。
授業計画 第1回 オリエンテーション(本授業の目的,計画など)
第2回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/ピアノ伴奏・弾き歌いに関する基礎的表現(バイエル10~45番程度/1年生の歌唱共通教材を中心に)
第3回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/ピアノ伴奏・弾き歌いに関する応用的表現(バイエル10~45番程度/1年生の歌唱共通教材を中心に)
第4回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/ピアノ伴奏・弾き歌いに関する基礎的表現(バイエル45~55番程度/2年生歌唱共通教材を中心に)
第5回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/伴奏・弾き歌いに関する応用的表現(バイエル45~55番程度/2年生の歌唱共通教材を中心に)
第6回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/ピアノ伴奏・弾き歌いに関する基礎的表現(バイエル55~70番程度/3年生の歌唱共通教材を中心に)
第7回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/ピアノ伴奏・弾き歌いに関する応用的表現(バイエル55~70番程度/3年生の歌唱共通教材を中心に)
第8回 学期中間実技試験(ピアノ学習教材の独奏,歌唱教材の弾き歌い)とこれまでの授業の振り返り
第9回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/ピアノ伴奏・弾き歌いに関する基礎的表現(バイエル70~80番程度/4年生の歌唱共通教材を中心に)
第10回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/ピアノ伴奏・弾き歌いに関する応用的表現(バイエル70~80番程度/4年生の歌唱共通教材を中心に)
第11回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/ピアノ伴奏・弾き歌いに関する基礎的表現(バイエル80~100番程度/5年生の歌唱共通教材を中心に)
第12回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/ピアノ伴奏・弾き歌いに関する応用的表現(バイエル80~100番程度/5年生の歌唱共通教材を中心に)
第13回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/ピアノ伴奏・弾き歌いに関する基礎的表現(バイエル100~106番程度/6年生の歌唱共通教材を中心に)
第14回 音楽理論の学習および教材理解を伴うピアノ独奏/ピアノ伴奏・弾き歌いに関する応用的表現(バイエル100~106番程度/6年生の歌唱共通教材を中心に)
第15回 教材理解を伴うピアノ伴奏に関する応用的表現(学期末実技試験曲を中心に)
授業外学習の課題 担当教員から課される曲・部分を次回の授業までに個人練習する。
履修上の注意事項 担当教員と部屋の数の関係から,定員は16名程度とする。定員に達した場合には,可能な受講者にもう一方のクラスの受講をうがなす,もしくは学年,音楽の習熟度,教育学特論Ⅷまたはピアノに関する習い事の有無によって,受講者を選別する。
教育学特論Ⅷを履修しなくても当該授業を履修することは可能であるが,教育学特論Ⅷを履修した上の目標・内容を想定していることから,もし可能であれば,教育学特論Ⅷから履修することを希望する。また,教育学特論Ⅷを履修しなくても当該授業を履修する場合には,継続的な指導を行うために,もし可能であれば,次年度の教育学特論Ⅷも履修することを希望する。
授業は練習の場ではなく,練習の成果を披露する場であるので,上達するためには授業時間外で十分に練習に励むこと。また,その際,①1日に長時間の練習を行うよりも,たとえ短時間であっても複数の日にわたって練習を行うこと,②片手→両手,遅いテンポ→速いテンポ,部分→全体といったように,練習する方法を工夫することが重要である。
成績評価の方法・基準 学期中間・末実技試験の結果(60%),授業に取り組む姿勢・受講態度(20%),毎回の課題の達成度(20%)を総合して評価する。
テキスト 伊藤康英(2006)『バイエルピアノ教則本』音楽之友社
吉富功修・三村真弓編著(2015)『小学校音楽科教育法-学力の構築をめざして-』ふくろう出版
参考文献 初等科音楽教育研究会編(2011)『最新 初等科音楽教育法[改訂版] 小学校教員養成課程用』音楽之友社
主な関連科目 教育学特論Ⅷ(音楽理論とピアノ実技(Ⅰ))
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業の前後に対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(他専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(自専攻科目) 2011~2015 2・3・4