授業コード 20056000 クラス
科目名 教育政策論 単位数 2
担当者 岡本 徹 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 戦後の教育政策の流れと今日の教育政策の分析
授業の概要 「権力に支持された教育理念である(宗像誠也)」と定義される教育政策が、これまでどのような理念に基づいて展開され、今日に至っているのかを、具体的な政策文書の改題を通して理解していく。
学習の到達目標 1.教育政策はどのような組織や過程を通して策定されているかを理解できる。
2.戦後の教育政策がどのような視点から策定され、展開されてきたかを理解できる。
3.今日の教育政策がいかなるものか、また、そこに通底する大きな力の構造を理解できる。
授業計画 第1回 教育政策とは何か
第2回 教育政策策定主体と策定過程
第3回 新自由主義の教育改革の基本的枠組み
第4回 臨時教育審議会 ①その政治的意味
第5回 臨時教育審議会 ②答申内容」
第6回 中央教育審議会答申「今後における学校教育の総合的な拡充整備のための基本的施策について」
第7回 中央教育審議会答申「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」
第8回 自民党教育再生実行本部の提言
第9回 教育再生実行会議第一次~第3次提言
第10回 教育再生実行会議第4次以降の提言
第11回 中央教育審議会答申
「新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について」
第12回 中央教育審議会答申
「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について ~学び合い、高め合う教員育成コミュニティの構築に向けて~」
第13回 中央教育審議会答申「チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について」
第14回 中央教育審議会答申
「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について」
第15回 地方公共団体の教育政策形成と教育振興基本計画
授業外学習の課題 各回において指定するテキストの箇所や配付した資料を熟読し、分からない用語や関連事項は調べるなどして、自分の意見や感想及び質問等を準備しておく。
履修上の注意事項 現代の教育政策問題を取り扱うため、日常的に教育に関連するニュースや言説、特に政策動向に関する情報に関心を持って注意をはらっておくこと。
成績評価の方法・基準 学期末試験で評価する。
テキスト 岡本徹・佐々木司編著『現代の教育制度と経営』ミネルヴァ書房2016
参考文献 斉藤貴男『教育改革と新自由主義』寺子屋新書2004
藤田英典『義務教育を問いなおす』ちくま新書2005
小川正人『教育改革のゆくえ』ちくま新書2010
主な関連科目 教育制度論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問は講義中に積極的にして欲しい。そのほか毎授業終了時に受け付ける。メールや研究棟受付カウンターから電話で予約後、研究室でも対応。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(他専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(自専攻科目) 2011~2015 2・3・4
人文学部教育学科(専攻科目A群) 2016~2016 2・3・4