授業コード 20055707 クラス 07
科目名 教育学演習Ⅳ 単位数 2
担当者 山川 肖美 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 卒業論文作成に向けての教育学的関心の深化
授業の概要 本授業は、卒業論文と連動するもので、教育学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲに引き続き、自らの教育学的関心を深めるためにゼミでの討議と自己研鑽を重ねる。具体的には、自らが収集したデータをもとに、分析・考察した結果を、ゼミで互いに議論をし、内容精査を図る。
教員はゼミでの討議や自己研鑽に対して指導・助言を行う。
学習の到達目標 1 研究の成果を発表レジュメにまとめること。
2 発表・討議結果を持って知見の見直しをすること。
3 研究成果により、これまでの研究蓄積に新しい発見を加えること。
 
○自己発見・自己変容をともなう卒業論文を完成させること。
○苦しみの末の喜びを、ゼミ生で共にし味わうこと。
授業計画 第1回 1 ガイダンス(本授業の方針と概要)
第2回 2 各自の研究成果に基づく発表と討議(1)
第3回 3 各自の研究成果に基づく発表と討議(2)
第4回 4 各自の研究成果に基づく発表と討議(3)
第5回 5 各自の研究成果に基づく発表と討議(4)
第6回 6 各自の研究成果に基づく発表と討議(5)
第7回 7 各自の研究成果に基づく発表と討議(6)
第8回 8 各自の研究成果に基づく発表と討議(7)
第9回 9 各自の研究成果に基づく発表と討議(8)
第10回 10各自の研究成果に基づく発表と討議(9)
第11回 11精査後の研究成果の発表と討議選択した研究方法にもとづく調査などの  実施とその分析結果の発表・討議(1)
第12回 12精査後の研究成果の発表と討議選択した研究方法にもとづく調査などの  実施とその分析結果の発表・討議(2)
第13回 13精査後の研究成果の発表と討議選択した研究方法にもとづく調査などの  実施とその分析結果の発表・討議(3)
第14回 14精査後の研究成果の発表と討議選択した研究方法にもとづく調査などの  実施とその分析結果の発表・討議(4)
第15回 15精査後の研究成果の発表と討議選択した研究方法にもとづく調査などの  実施とその分析結果の発表・討議(5)
授業外学習の課題 1 各自の教育学的関心を深めていくために、必要な文献・資料を探索し、精読すること。
2 個別指導の時間を設けるので、その時間を利用して、発表前後の不明点や不足点について質問すること。
3 適宜文献ノートや調査ノートを作成すること。
4 発表の成果を、教育学特別研究や教育学課題研究につなげていくこと。
履修上の注意事項 1 授業内外での積極的関与を望む。
2 11月に、3、4年生合同のゼミを実施する。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 学習や授業に対する平素の姿勢や作成した資料に基づいて総合的に評価する。
なお、演習参加者の自己評価・相互評価を参考にする。
テキスト なし
参考文献 適宜個別に示す。
主な関連科目 教育学演習Ⅰ・Ⅱ、教育学特別研究、教育学課題研究
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問や相談へは必要に応じていつでも対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科教育学専攻(自専攻科目) 2011~2015 4