授業コード 20055507 クラス 07
科目名 教育学演習Ⅱ 単位数 2
担当者 山川 肖美 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 卒業研究のための方法論と自律的学習方法の修得(2)
授業の概要  本演習では、各自が持っている教育学的関心を発表と討議により深めていく。とくに、夏休み中の課題として課す、当該テーマにかかる先行研究の精査・整理により、自らが希望する卒業論文テーマにかかる問題意識を先鋭化し、卒業論文のオリジナリティを明確化することが最終的には求められる。
 これと併行して、卒業論文に援用できる研究方法の提案もする。具体的には、文献研究や事例研究の手法、統計調査収集の方法や解読の仕方を体験的・実践的に学んでもらう。こうした労作を通じて、卒業論文の作成に資する自律的な学習方法を修得してほしい。
 授業は主に発表と討議の形式で進めていくため、授業の質は発表の出来・不出来が左右するといっても過言ではない。発表者は責任を持って担当回に臨んでほしい。納得できるレベルでの発表内容になるためには、授業外での学習活動も重要であり、多くの文献を読み、積極的に教員に助言・指導を求めてほしい。
 なお、各自の教育学的関心をより深め、さらに、深めた関心を受講生間で共有化するために、2コマ続きの授業や終日あるいは宿泊つきの合宿なども実施する予定である。
学習の到達目標 1 卒業論文のテーマにかかる先行研究を精査・整理する。
2 卒業論文のオリジナリティを明文化し、調査計画に反映できる。
3 卒業論文を作成していくための研究方法論を修得する。
4 自律的学習能力を向上させる。
授業計画 第1回 1 ガイダンス(本授業の方針と概要)
第2回 2 アンケート調査の方法を学ぶ
第3回 3 統計調査の方法を学ぶ
第4回 4 インタビュー調査の方法を学ぶ
第5回 5 各自の教育学的関心の発表と討議(1)
第6回 6 各自の教育学的関心の発表と討議(2)
第7回 7 各自の教育学的関心の発表と討議(3)
第8回 8 各自の教育学的関心の発表と討議(4)
第9回 9 各自の教育学的関心の発表と討議(5)
第10回 10 各自の教育学的関心の発表と討議(6)
第11回 11 各自の教育学的関心の発表と討議(7)
第12回 12 各自の教育学的関心の発表と討議(8)
第13回 13 各自の教育学的関心の発表と討議(9)
第14回 14各自の教育学的関心の発表と討議(10)
第15回 15総括と春季休暇中の課題に向けての整理
授業外学習の課題 1 各自の教育学的関心を広げ深めていくために、必要な文献・資料を探索し、精読すること。
2 個別指導の時間を設けるので、その時間を利用して、発表に向けて不明な点や不足の点について尋ねること。
3 適宜文献ノートや調査ノートを作成すること。
4 ShuPを積極的に活用すること
履修上の注意事項 1 授業内外での学習活動に対する積極的関与を望む。
2 11月に、3、4年生合同のゼミを実施する。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 発表の内容・方法、授業への取り組み、課題(レポート)にもとづいて総合的に評価する。
なお、演習参加者の自己評価・相互評価を参考にする。
テキスト なし。
参考文献 適宜個別に示す。
主な関連科目 教育学演習Ⅰ、Ⅲ、Ⅳ、卒業研究
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
必要であれば、いつでも、面談またはメールにて質問・相談に応じる。面談の場合には事前にメールなどで知らせていただけると助かる。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科教育学専攻(自専攻科目) 2011~2015 3・4