授業コード 20041701 クラス 01
科目名 Media English Ⅱ 単位数 2
担当者 水野 由美 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 メディア英語II
授業の概要  前期開講のメディア英語Iに続く後期開講科目で、引き続きテレビニュースなどのメディア英語による情報の読解力、および聴解力の向上を目指します。特に、メディア英語の理解に必要な表現、語彙の強化を図ります。
 テキストに添って、リスニング、リーディング問題を解きますが、リスニング問題には、ディクテイションを加え、内容がわかるように配慮していきます。また、リーディング問題は、どこが問題なのか、どこを読めばポイントがわかるのかなどがはっきり理解できるように進めていきたいと思います。文法、語彙力を高める為の小テストも行います。
学習の到達目標 それぞれのニュースの大意を掴み、自分の意見が英語で表現できるようになることを目標とします。また、TOEIC700点レベルをの英語力を身につけることをめざします。
授業計画 第1回 第1回目:ガイダンス
第2回 第2回目:聴解、読解練習
第3回 第3回目:聴解、読解練習
第4回 第4回目:聴解、読解練習
第5回 第5回目:聴解、読解練習。授業内に復習テストとその正解確認
第6回 第6回目:聴解、読解練習
第7回 第7回目:聴解、読解練習
第8回 第8回目:聴解、読解練習
第9回 第9回目:聴解、読解練習
第10回 第10回目:聴解、読解練習。授業内に復習テストとその正解確認
第11回 第11回目:聴解、読解練習
第12回 第12回目:聴解、読解練習
第13回 第13回目:聴解、読解練習
第14回 第14回目:聴解、読解練習
第15回 第15回目:聴解、読解練習。授業内に復習テストとその正解確認
授業外学習の課題 定期的に復習テストを行うので、毎回必ず復習しておいてください。
履修上の注意事項 テキストと辞書を持参してください。
いかなる理由があっても欠席は4回までとする。
(病気、交通機関の乱れ、冠婚葬祭等、一切の事情を含める。)

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 授業への取り組み及び復習テストの合計点(80%)、課題レポート(20%)で総合的に評価します。
テキスト 「CBS NewsBreak 3」(熊井信弘他著)成美堂
参考文献 必要に応じて紹介します。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
毎回授業終了後に質問等に応じます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(人間関係学科科目) 2007~2010 3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(人文学部総合科目) 2011~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部人間関係学科社会学専攻(人文学部総合科目) 2011~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部人間関係学科社会学専攻(人文学部総合科目) FHHS20205 2017~2017 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部人間関係学科教育学専攻(人間関係学科科目) 2007~2010 3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(人文学部総合科目) 2011~2015 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部教育学科(人文学部総合科目) 2016~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部教育学科(人文学部総合科目) FHED20104 2017~2017 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部英語英文学科(専攻科目) 2007~2010 3・4
人文学部英語英文学科(人文学部) 2011~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部英語英文学科(人文学部総合科目) FHEN20005 2017~2017 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
法学部国際政治学科(H群) 2007~2016 2・3・4