授業コード 20041602 クラス 02
科目名 Media English Ⅰ 単位数 2
担当者 村上 増美 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 メディア英語I(Media English I)
授業の概要 政治、経済、外交からスポーツに至るさまざまな分野の最新の英語ニュースを読み解いて行きます。また、理解を確かめるための問題、各トピックに関連したリスニングの問題、語彙の問題もやります。英語ジャーナリズムの特色についても学びます。
学習の到達目標 多方面の英語ニュースがよりよく理解できるようになることが目標です。また語彙力の充実や、英語ジャーナリズムについての理解が深まることも期待できます。TOEIC 500点を到達目標としています。
授業計画 第1回 ガイダンス& Chapter 1 国内政治
第2回 Chapter 2 経済・ビジネス(1)
第3回 Chapter 3 経済・ビジネス(2)
第4回 Chapter 4 外交・国際会議
第5回 Chapter 5 軍事
第6回 Chapter 6 海外政治情勢
第7回 Chapter 7 文化・社会
第8回 Chapter 8 犯罪・事件
第9回 Chapter 9 裁判・法令
第10回 Chapter 10 地球環境
第11回 Chapter 11 気象・災害
第12回 Chapter 12 人口・所得格差問題
第13回 Chapter 13 テクノロジー
第14回 Chapter 14 スポーツ(1)
第15回 Chapter 15 スポーツ(2)
授業外学習の課題 毎回1チャプターづつ進みますから、予習は必須です。次回に進むチャプターに目を通し、わからない単語があれば辞書を引いて調べノートに書いてきましょう。また、英文の訳もノートに書いて来るとよいでしょう。読んで理解できない個所は、授業で質問できるようにしておいてください。各種練習問題は、自分でできる範囲でやってきてください。又、次回の小テストの出題範囲の英単語またはイディオムは、よく覚えてくるように。少なくとも60分は、予習、復習をしましょう。
履修上の注意事項 毎時間、授業の最初に小テストがあります。また、授業中に課題をやって提出していただきます。授業開始時刻を30分以上過ぎて教室に入ってきた人は、遅刻でなく欠席扱いになりますから注意してください。

また、いかなる理由があっても欠席は4回までとする。
(病気、交通機関の乱れ、冠婚葬祭等、一切の事情を含める。)

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 期末試験60%、小テスト20%、授業中の課題20%
テキスト 堀江洋文 他編著、『時事英語の総合演習―2017年度版』、朝日出版社、2017年、1600円+税、ISBN 978-4-255-15606-4, 修大生協
参考文献 講義中に適宜紹介します。
主な関連科目 時事英語 I,II 時事英語III,IV
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、原則として授業終了時に受け付けます。長引くようであれば、昼の休憩時間等を使うことも可能です。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(人間関係学科科目) 2007~2010 2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(人文学部総合科目) 2011~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部人間関係学科社会学専攻(人文学部総合科目) 2011~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部人間関係学科社会学専攻(人文学部総合科目) FHHS20204 2017~2017 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部人間関係学科教育学専攻(人間関係学科科目) 2007~2010 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(人文学部総合科目) 2011~2015 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部教育学科(人文学部総合科目) 2016~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部教育学科(人文学部総合科目) FHED20103 2017~2017 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部英語英文学科(専攻科目) 2007~2010 2・3・4
人文学部英語英文学科(人文学部) 2011~2016 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
人文学部英語英文学科(人文学部総合科目) FHEN20004 2017~2017 2・3・4(グローバルは1・2・3・4)
法学部国際政治学科(H群) 2007~2016 2・3・4