授業コード 20040600 クラス
科目名 英語の諸相Ⅱ(英語の意味論・語用論) 単位数 2
担当者 大澤 真也 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 意味論・語用論(Introduction to Semantics and Pragmatics)
授業の概要 言葉の「意味」は明確に定義されているようで、実は曖昧で恣意的なものである。実際の発話における言葉の意味は具体的な状況に深く依存している。本講義においては、普段無意識のうちに産出および理解をしている言葉を、できるだけ客観的に捉え、言葉の「意味」を再定義することを目標とする。具体的には、意味論・語用論の基本的概念をテキストを読みすすめることによって学び、その後に実際のテキストを分析する活動を数多く取り入れたい。
学習の到達目標 言葉の「意味」を自分の言葉で再定義し、客観的に捉えられるようになること。
授業計画 第1回 受講者の理解度などを考慮に入れ計画が変更になる場合があるが、原則的に以下のような内容を扱う予定である。
オリエンテーション、言葉の意味
第2回 意味論 その1
第3回 意味論 その2
第4回 意味論 その3
第5回 前提と含意
第6回 協調の原理 その1
第7回 協調の原理 その2
第8回 発話行為理論 その1
第9回 発話行為理論 その2
第10回 発話行為理論 その3
第11回 ポライトネス その1
第12回 ポライトネス その2
第13回 会話分析
第14回 談話と文化
第15回 まとめ
授業外学習の課題 各週の範囲のテキストおよびハンドアウトを予習しておくこと(約2時間)。また適宜eラーニング課題も取り入れるので,締め切りまでに行うこと。
履修上の注意事項 受講者が参加する活動を数多く取り入れるので、積極的に参加すること。また英語のテキストを使用するので必ず予習をしてくること。

いかなる理由があっても欠席は4回までとする。
(病気、交通機関の乱れ、冠婚葬祭等、一切の事情を含める。)
成績評価の方法・基準 1. ミニッツ・ペーパーへの記入 10%
2. 発言など授業中の貢献度 10%
3. eラーニング課題 20%
4. 最終試験 60%

を目安に総合的に評価する。
テキスト Yule, G. Pragmatics. Oxford University Press.
参考文献 小泉保 編 「入門語用論研究-理論と応用-」 研究社
主な関連科目 言語学入門,その他の「英語の諸相」科目。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
メールや面談により随時対応する。事前に連絡すること。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部英語英文学科(専攻科目) 2007~2016 2・3・4