授業コード 20036900 クラス
科目名 人文地理学Ⅰ 単位数 2
担当者 由井 義通 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 新しい地理学: New Geography以降の多様な地理学
授業の概要 地理学は最も古い学問の一つでもあり、常に新分野を開く新しい学問でもある。
人文地理学は地球表面上において展開する人間活動の諸現象を地域的に空間的に理解する学問でり、研究対象は産業や人間生活など多様である。
日本や諸外国における文化現象を捉え,その背景やメカニズムについて学習することによって,地域的背景を基礎とした文化について人文主義地理学や社会地理学などの近年の地理学の新しい動向から考えることを目的とする。
授業内容には、教員免許取得との関連から、高等学校地歴科地理や中学校社会科の教員になるための必要知識を習得するための基礎的内容を含む。
学習の到達目標 中学校社会科と高等学校地歴科の教員免許取得のために必要な地理学の基礎的知識の習得に加えて、地理学に関する専門的な知識を学習することによって教材開発力のための学力をつける。
また,国内外の諸地域における事例を通して地域的課題を考える能力を身につけることができる。
授業計画 第1回 ① ガイダンス:新しい地理学とは? 伝統的地理学から新しい地理学への変化。知的刺激と感性に満ちた地理学の誕生
第2回 ② New Geographyの登場:地理学における計量革命(地域情報の収集から,地域の分析科学へ)
第3回 ③ 言語と民俗の文化地理学:方言と情報の伝播
第4回 ④ 人文主義地理学の登場:文学のなかの地理空間(小説の世界に見える文化景観)
第5回 ⑤ 都市空間のなかの地理空間
第6回 ⑥ 認知空間①知覚される環境世界:メンタルマップ
第7回 ⑦ 認知空間②知覚と行動を科学する地理学
第8回 ⑧ 社会地理学・都市社会地理学
第9回 ⑨ 都市の社会構造:古典的都市モデル
第10回 ⑩ 都市構造の転換:前産業都市から産業都市へ
第11回 ⑪ 都市をめぐる諸問題:都市の中の犯罪空間
第12回 ⑫ 福祉の地理学:地域格差の是正に貢献する地理学
第13回 ⑬ ジェンダーからみた都市空間①:ジェンダーアトラス
第14回 ⑭ ジェンダーからみた都市空間②:女性の就業と生活
第15回 ⑮ 地理学と地理教育
⑯ 試験
授業外学習の課題 試験では、テキスト・参考書・ノート・プリントの持ち込みを不可とする。日ごろの復習と授業ポイントの体系的な整理・把握が事前に為されていることが必要である。
履修上の注意事項 講義資料プリントを配布するが、残ったプリントは次回に持参しないので注意する。また、携帯電話をマナーモードにしていない場合や携帯電話を操作した場合など、授業への参加態度がよくない場合は、マイナス評価の対象となります。
成績評価の方法・基準 評価は授業への取り組み(レポートと小テスト・受講態度)と定期試験により総合的に評価する。私語による授業妨害は減点とします。
注意事項にも書いているが、携帯電話をマナーモードにしていない場合や携帯電話を操作した場合など、授業への参加態度がよくない場合は、マイナス評価の対象となります。
テキスト 使用しないが、参考となる書物や論文を授業中に適宜紹介する。
参考文献 授業中に適宜紹介する。
主な関連科目 人文地理学Ⅱ、地誌学Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、基本的に授業終了時に受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科教育学専攻(専攻科目) 2007~2010 2・3・4
人文学部教育学科(教職専門科目群) 2016~2016 2・3・4
法学部法律学科 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科 FHED24306 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(G群) 2007~2016 2・3・4