授業コード 20032700 クラス
科目名 社会安全政策論 単位数 2
担当者 中根 光敏 他 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 減らそう犯罪--世界一安全な都市=広島を目指して
授業の概要 「社会安全政策」は、学問的には必ずしも定着しているものではないが、ここでは、我が国の「治安」を中心に、私たちが社会生活をしていく上で、様々な危険から逃れ、安全で安心できる生活を送るのはどうしたらよいか、ということを考える。
社会の安全を脅かす原因は多種多様であるが、「世界一安全な国、日本」と言われてきた我が国において、その治安の良さを支えてきた要素がなぜ大きく崩れたのかの要因についてつぶさに分析し、その対応について検討を加えていこうとするものである。
本講義の特徴は以下の通りである。
○時事的なテーマを適宜取り上げる
○実社会に出てからも役立つ情報を提供する
○法律改正の論点等についても適宜紹介する
学習の到達目標 社会事象の変化に対応し、生活の安全・安心という観点から、現実の社会現象を理解することが本講義の目標である。
授業計画 第1回 講義は、大凡以下のように行う予定である(講義開始時に詳細な講義計画表を配布する)
①オリエンテーション
第2回 ②広島県警の概要
第3回 ③サイバー犯罪の現状と対策
第4回 ④女性・子どもを犯罪から守るための取組について
第5回 ⑤安全・安心のまちづくり
第6回 ⑥少年非行防止総合対策
第7回 ⑦捜査をめぐる諸問題
第8回 ⑧警察が剣士を行う理由
第9回 ⑨薬物・銃器犯罪の現状と対策
第10回 ⑩繁華街・歓楽街総合対策
第11回 ⑪組織犯罪・犯罪インフラ対策、国際犯罪対策
第12回 ⑫国際テロリズムと日本
第13回 ⑬交通事故防止総合対策の推進
第14回 ⑭犯罪被害者への支援
第15回 ⑮地域警察活動
授業外学習の課題  履修者は、講義時に指示された課題に関して、事前に学習もしくはレポート作成の上、次の講義に臨むこと。
履修上の注意事項 ①講義時には、広島県警の現職警察官が講師として登場する。 ②毎回、簡単な感想文の提出により出席状況を確認する。③講義終了後に総括レポート課題を課す予定。④期末試験は行わない予定である。
成績評価の方法・基準 出席は単位を取る前提。成績評価は、①講義の出席状況、②受講態度、③感想文、④総括レポート、を総合的(100点)に判断する。
テキスト 使用しない
参考文献 適宜指示する
主な関連科目 社会安全政策論特殊演習
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義中適宜対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻) 2007~2010 1・2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻科目) 2011~2016 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(自専攻科目) 2011~2016 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(社会学専門科目) FHHS23105 2017~2017 1・2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(他専攻) 2007~2010 1・2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(他専攻科目) 2011~2015 1・2・3・4
人文学部教育学科(関連学科科目) 2016~2016 1・2・3・4
人文学部教育学科(関連学科科目) FHED15119 2017~2017 1・2・3・4