授業コード 20032200 クラス
科目名 地域社会学B 単位数 2
担当者 吉田 舞 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 グローバル化と地域社会
授業の概要 ※ 授業の詳細は、第1回目の授業時に紹介する。

本講義では、グローバル化における「地域社会」を読み解くための、社会学的な視点や方法について議論する。講義ではおもに、エスニシティと労働に焦点をあて、地域社会学の理論や方法と結び付けながら説明する。また、講義では、DVDなどの視聴覚教材のほかに、新聞を利用したグループワークを予定しており、受講者の積極的な参加が期待される。
学習の到達目標 身近な問題を事例に、地域社会学の基本的な理論と方法を習得すること。
授業計画 第1回 オリエンテーション:講義内容・評価方法の説明
第2回 都市研究と農村研究
第3回 グローバリゼーション概論
第4回 新聞ワークショップ①:メディアから考える地域社会
第5回 グローバル化と地域社会①:介護労働
第6回 グローバル化と地域社会②:子育て・家事労働
第7回 グローバル化と地域社会③:広島県の牡蠣産業の事例から
第8回 グローバル化と地域社会④:牡蠣産業と外国人労働者
第9回 グローバル化と地域社会⑤:恩顧のカラクリ
第10回 期末レポート説明:インタビュー調査について
第11回 グローバル化と地域社会⑥:エスニック・コミュニティ
第12回 グローバル化と地域社会⑦:多文化主義/多文化教育
第13回 ドキュメンタリー映画「ハーフ」から考える
第14回 新聞ワークショップ②:メディアから考える地域社会
第15回 講義まとめ
授業外学習の課題 各種メディアを通じて提供される国内の時事問題(現状と課題)に関心を向け、その概要を把握すること。
履修上の注意事項 (1) レポートにおけるコピペ、出席数の不正が発覚した場合、成績を不可とする。
(2) 私語厳禁。他の受講生に迷惑となる行為を行った場合は、成績を不可とする場合がある。
(3) 欠席は5回以上で成績不可とする(就職活動や公式試合も欠席とする)
(4) 講義は、履修者の関心及び理解度をふまえ、シラバスを変更して行う場合がある。
成績評価の方法・基準 小レポート・中間テストおよび期末テスト80%、平常点 (リアクションペーパー含む) 20%で評価する。
テキスト 特になし。講義にて資料等を配布する場合がある。
参考文献 梶田孝道ほか著,2005, 『顔の見えない定住者―日系ブラジル人と国家・市場・移民ネットワーク』名古屋大学出版会.
野沢慎司,2006,『リーディングス ネットワーク論―家族・コミュニティ・社会関係資本』勁草書房.
主な関連科目 地域社会学A
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義終了後または、コメントシートにて質問を受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻) 2007~2010 2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(自専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(他専攻) 2007~2010 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(他専攻科目) 2011~2015 2・3・4