授業コード 20031600 クラス
科目名 コミュニケーション論B 単位数 2
担当者 山里 裕一 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 メディアを介したコミュニケーションの諸相
授業の概要 日常生活においてことさら意識することなく行っているコミュニケーションについて、さまざまな視点を通して今日的問題について検討する。「コミュニケーション論A」では対面的コミュニケーションを中心に、「コミュニケーション論B」ではメディアを介したコミュニケーションのあり方について学び、さらにITという言葉に代表される情報化はコミュニケーションのあり方にどのような影響を与えるのかについて考える。
学習の到達目標 メディアを介したコミュニケーションの諸相と今日的問題について理解し考えることができる。
授業計画 第1回 01)導入:後期授業の進め方、コミュニケーションとメディアについて-1
第2回 02)コミュニケーションとメディアについて-2
第3回 03)メディアの変遷とコミュニケーション-1
第4回 04)メディアの変遷とコミュニケーション-2
第5回 05)メディアの変遷とコミュニケーション-3
第6回 06)メディアの変遷とコミュニケーション-4
第7回 07)メディアの変遷とコミュニケーション-5
第8回 08)メディア・リテラシー
第9回 09)情報化社会論とメディア-1
第10回 10)情報化社会論とメディア-2
第11回 11)メディアの変遷とコミュニケーション-6
第12回 12)インターネットとコミュニケーション
第13回 13)情報化社会論とメディア-3
第14回 14)現代メディアがもたらす情報環境
第15回 15)まとめ
授業外学習の課題 各回の授業の要点をまとめた上で、自らの考えを論理展開し、文章化する。
授業終了後、上記をもとに試験の課題に対して、考察し論述すること。
履修上の注意事項 10回以上の出席、期末試験の受験、授業運営への協力が必須である。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 試験(100%)、遅刻・早退等は減点。
テキスト 使用しない。
参考文献 ・阿部潔・難波功士、2004、『メディア文化を読み解く技法──カルチュラル・スタディーズ・ジャパン』世界思想社、1,800円(税別)。
・福間良明・ほか編、2009、『博覧の世紀──消費/ナショナリティ/メディア』梓出版社、3,400円(税別)。
・工藤保則・ほか編、2010、『質的調査の方法──都市・文化・メディアの感じ方[第2版]』法律文化社、2,600円(税別)、他。
主な関連科目 コミュニケーション論 A、コミュニケーション論演習A・B
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問は授業中・授業終了前に時間を設け受け付ける。

オフィスアワーは、火・水・木曜日。
事前に、アポイントメントと取れば、確実に時間を確保する。
その他は、直接研究室を訪れることもよしとする。

アポイントメントは、学籍番号・氏名・用件、を明記の上、下記へメールにて連絡・確認のこと。
連絡先:yamasato@shudo-u.ac.jp

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻) 2007~2010 2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(自専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(他専攻) 2007~2010 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(他専攻科目) 2011~2015 2・3・4
人文学部教育学科(関連学科科目) 2016~2016 2・3・4