授業コード 20029500 クラス
科目名 現代社会論A 単位数 2
担当者 中根 光敏 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 現代社会における構造変動と価値変容
授業の概要  本講義では、近代社会の転換期を迎えている現代社会に生起する問題群を理解するための基本的な社会理論を考察する。とりわけても、ポストフォーディズム、新自由主義、グロバーリズム、新資本主義というイデオロギーによって方向付けられている現代社会が抱える問題群を提示し、批判的に考察するための社会理論について検討する。
学習の到達目標 同時代を生きるという視角から現代社会に生起する問題群を理解できるようになる。
授業計画 第1回 01)イントロダクション:幸福な国の絶望的な若者たちⅠ
第2回 02)近代社会の成立①コーヒーが切り開いた近代
第3回 03)近代社会の成立②欲望と勤勉と資本主義
第4回 04)近代社会の展開①『モダンタイムズ』
第5回 05)近代社会の展開②『モダンタイムズ』を社会学的に観る
第6回 06)近代社会の閉塞①大衆社会論から消費社会論へ
第7回 07)近代社会の閉塞②フォーディズムからトヨティズムへ
第8回 08)転換期としてのポスト近代①グローバリズムとは何か
第9回 09)転換期としてのポスト近代②新自由主義とは何か
第10回 10)転換期としてのポスト近代③資本のENIGMA
第11回 11)転換期としてのポスト近代④脱工業化と「世界の工場化」
第12回 12)珈琲文化から味わう苦いグローバリズム
第13回 13)ローカル化していく国家は誰を守るのか
第14回 14)現代社会の亀裂
第15回 15)総括:幸福な国の絶望的な若者たちⅡ
授業外学習の課題  1.講義中に指定された課題・文献を読んで、講義に臨むこと。
 2.講義中に指定された課題に関して、小論文を作成すること。
履修上の注意事項 (1)他の受講生に迷惑になるような私語やスマートホンなどの使用は許さない(単位を落とすことになります)。
(2)数回のレポートを講義時間中及び講義時間外に作成する。
(3)数回の小テストを行う。
(4)出席はとらない。
(5)期末試験を行う。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準  レポート及び小テスト(40点)、期末試験(60点)を点数化(合計100点)して総合的に評価する。
テキスト 使用しない。
参考文献 デヴィッド・ハーヴェイ『反乱する都市』作品社
デヴィッド・ハーヴェイ『資本の謎』作品社
ジグムント・バウマン『コラテラル・ダメージ』青土社
ジグムント・バウマン『《非常事態》を生きる』作品社
ジグムント・バウマン『液状化不安』青弓社
ガルミンダ・K・バンブラ『社会学的想像力の再検討』岩波書店
その他の文献に関しても、講義中、適宜、指示する。
主な関連科目 現代社会論B
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義終了後、且つ、E-Mailでも受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻) 2007~2010 2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(自専攻科目) 2011~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(他専攻) 2007~2010 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(他専攻科目) 2011~2015 2・3・4
人文学部教育学科(関連学科科目) 2016~2016 2・3・4