授業コード 20022700 クラス
科目名 心理学研究法 単位数 2
担当者 中嶋 智史 履修期 第1学期
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 心理学研究法
授業の概要 心理学において実証的研究を行うことの意義を理解し,実験法,調査法,観察法等の主要な研究手法について概観するとともに,各手法の特徴を把握することを目的とする。
学習の到達目標 心理学の研究に必要な考え方を身につけ、自分で研究を計画することや研究の問題点を指摘することができるようになる。
授業計画 第1回 ガイダンス―心理学研究法とは何か
第2回 実証的な学問としての心理学とその歩み
第3回 多様な心理学研究法
第4回 実験的研究1:独立変数の操作
第5回 実験的研究2:従属変数の測定
第6回 実験的研究3:剰余変数の統制
第7回 実験的研究4:様々な実験手法と問題
第8回 テスト①:ここまでの復習と解説
第9回 調査法
第10回 観察法
第11回 検査法と面接法
第12回 研究の実施と解釈
第13回 統計的分析の方法と意義
第14回 心理学研究を行う際の倫理について
第15回 テスト②:ここまでの復習と解説
授業外学習の課題 事前に教科書を読んで予習しておくこと。
履修上の注意事項 ・他の学生に迷惑をかける行為(授業中の私語、携帯電話の操作など)は禁止する。繰り返しの注意にも関わらず改善が見られない場合は退出を求め、欠席扱いとする。
・授業の中でテストを2回行う。
成績評価の方法・基準 授業中の2回のテストの成績によって評価する。欠席は減点。
テキスト 心理学研究法―心を見つめる科学のまなざし
ISBN: 4-641-12214-8
参考文献 心理学研究法入門
ISBN: 978-4-7885-0943-6
主な関連科目 心理学概論Ⅰ・Ⅱ、心理学実習Ⅰ、心理統計法Ⅰ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問や要望がある学生は、講義最後のリアクションペーパーに記入すること。次の講義の最初に可能な限り回答する。直接質問したいことがある学生は、講義終了後に受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(専攻科目) 2007~2010 1・2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(自専攻科目) 2011~2016 1・2・3・4