授業コード 20020002 クラス 02
科目名 教育学特論Ⅱ 単位数 2
担当者 笹尾 省二 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 中等社会科教員としての実践的指導力養成
授業の概要  中学校社会科、高等学校地歴・公民科の教員免許取得の先にある、教員採用試験の突破、さらには教員として日々授業を実践するための、専門的な指導力の養成を行う。
 具体的な内容としては、地理・歴史・公民の3分野の各内容について、グループに分かれ、過去の試験問題等を分析し、問題を作成する。それを他の受講者に解かせ、それについての解答を準備し、詳しく解説する。あくまで学生たちの主体的な取り組みを重視するが、担当教員は相談や質問に答えたり、必要に応じて補足的な解説を行う。
 このような活動を通じて、指導内容についての確実な理解と、それを授業として構成するための基礎的な力を獲得できるようにする。
学習の到達目標 中等社会科教員として授業を実践するため、専門的な指導内容について理解し、それを授業として構成する力を獲得する。
授業計画 第1回 授業の進め方の説明と、各分野の問題演習の担当者ならびに演習の進行計画の策定
第2回 地理分野の第1回問題演習(系統地理)
第3回 歴史分野の第1回問題演習(前近代史)
第4回 公民分野の第1回問題演習(政治)
第5回 地理分野の第2回問題演習(日本地誌)
第6回 歴史分野の第2回問題演習(近世以降の日本史)
第7回 公民分野の第2回問題演習(経済)
第8回 地理分野の第3回問題演習(世界地誌)
第9回 歴史分野の第3回問題演習(近代世界史)
第10回 公民分野の第3回問題演習(社会)
第11回 地理分野の第4回問題演習(学習指導要領)
第12回 歴史分野の第4回問題演習(学習指導要領)
第13回 公民分野の第4回問題演習(学習指導要領)
第14回 全範囲にわたる応用問題の演習
第15回 全体のまとめと反省ならびに自己評価
授業外学習の課題  問題演習の担当者の準備に際しては、参考書、問題集などを読み込み、関連づけ、検討するといった作業が必要となる。また、担当者以外も、当日の授業の分野についての予習が求められる。
 授業後には、授業から得た知見をもとに、さらに他の参考書や問題集にあたり、専門的な理解を深化させることが求められる。
履修上の注意事項 この授業は、あくまで自分で勉強を始めるきっかけと考えていただきたい。したがって、受け身で教わるという態度でなく、自ら問題演習に取り組む姿勢を持ってほしい。
成績評価の方法・基準 発表者、質問者としての授業への貢献の平常点によって評価。
テキスト ・共同教育研究会『広島県・広島市の社会科(参考書)』協同出版
・共同教育研究会『広島県・広島市の社会科(過去問)』協同出版
参考文献 他の参考書、問題集などを随時紹介する。
主な関連科目 教育学特論Ⅰ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業後の教室、あるいは研究室で随時受けつける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(他専攻科目) 2011~2016 3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(他専攻科目) 2011~2016 3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(自専攻科目) 2011~2015 3・4