授業コード 20018807 クラス 07
科目名 卒業論文 単位数 8
担当者 古満 伊里 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 心理学卒業論文指導 Psychology Honors Thesis
授業の概要 大学院への進学予定者を対象に卒業論文の執筆に必要な研究指導を行います。卒業論文の要件としては,1.リサーチ・クエッションや方法論にオリジナリティがあること,2.リサーチ・クエッションや仮説構成に至るまでに適切な文献レビューがなされていること,3.実験や調査によって得られた実証的データに基づいて仮説検証がなされていること,4.学術雑誌に投稿可能な形式を備えていることの4点があげられます。
学習の到達目標 日本心理学会の機関誌「心理学研究」の「執筆・投稿の手びき」に則した研究論文を執筆し,大学院進学に必要な能力を身につける。
授業計画 第1回 ガイダンス-卒業論文の要件
第2回 各自のリサーチ・クエッションに関するディスカッション1
第3回 研究テーマ確定のための文献レビュー(レジュメによる発表)1
第4回 研究テーマ確定のための文献レビュー(レジュメによる発表)2
第5回 研究テーマ確定のための文献レビュー(レジュメによる発表)3
第6回 研究テーマ確定のための文献レビュー(レジュメによる発表)4
第7回 研究テーマの確定と方法論を含めた研究計画書の準備
第8回 研究テーマの確定と方法論を含めた研究計画書の作成
第9回 研究計画の発表とその妥当性に関するディスカッション1
第10回 研究計画の発表とその妥当性に関するディスカッション2
第11回 研究計画の発表とその妥当性に関するディスカッション3
第12回 研究計画の確定(研究計画書最終稿の提出)ならびに実験・調査の準備1
第13回 研究計画の確定(研究計画書最終稿の提出)ならびに実験・調査の準備2
第14回 予備実験・予備調査の結果を元に方法論の再検討
第15回 第1回目「方法」原稿提出,これまでのまとめと夏期休暇中のタイムスケジュールの確認
第16回 第1回目「序論」原稿提出,実験・調査の実施1,データ整理
第17回 第2回目「方法」原稿提出,実験・調査の実施2,データ整理
第18回 第2回目「序論」原稿提出,実験・調査の実施3,データ整理
第19回 実験・調査の実施4,データ整理
第20回 データの統計解析結果の発表1
第21回 データの統計解析結果の発表2
第22回 第1回目「結果」原稿の提出
第23回 第1回目「考察」原稿の提出
第24回 第2回目「結果」原稿の提出
第25回 第2回目「考察」原稿の提出
第26回 第1回目「完成原稿」及び「レジュメ用原稿」の提出
第27回 第2回目「完成原稿」及び「レジュメ用原稿」の提出
第28回 口頭試問用発表資料(パワーポイント)の作成1
第29回 口頭試問用発表資料(パワーポイント)の作成2
第30回 口頭試問の予行演習並びに講評
授業外学習の課題 各自の研究テーマに応じて,文献調査,研究計画の立案,実験・調査の実施,データ分析,論文執筆が段階的になされます。タイムスケジュールをしっかりと立て,常にそれを意識しながら作業を進めて下さい。
履修上の注意事項 1.この授業は集中講義となっていますが,特定の期間に開講されるものではなく,各履修者による研究の進捗状況に応じて不定期に個人指導を行います。
2.論文題目等の期限付きの提出物については案内や掲示に注意し,期限を順守して下さい。
成績評価の方法・基準 提出された卒業論文をもとに,複数の心理学担当教員による口頭試問を行い,そこでの協議を経て評価します。
テキスト 使用しない。
参考文献 個人の研究テーマに応じて適宜指示します。
主な関連科目 心理学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ,演習Ⅲ・Ⅳ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
研究遂行に必要な質問・相談は随時受け付けます。予めe-mailによってアポイントメントをお取り下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(専攻科目) 2007~2010 4
人文学部人間関係学科心理学専攻(自専攻科目) 2011~2016 4