授業コード 20017904 クラス 04
科目名 演習Ⅰ 単位数 2
担当者 増田 尚史 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 実験心理学セミナー(1) Experimental Psychology Seminar (1)
授業の概要 論文の読み方や書き方、レジメの作成要領、論文検索について修得するとともに、認知心理学を中心とした実験心理学に関する書籍・論文を輪読・報告し討論する。これを通じて討論(ディスカッション)の仕方についても修得する。
学習の到達目標 論文の読み方やレジメの作成の仕方などの習得と、各履修者の研究テーマの絞込みに向けた実験心理学の知見の修得
授業計画 第1回 ①イントロダクション:「卒業論文・卒業研究」完成までの授業の方針,担当者の研究の紹介
第2回 ②先行研究の紹介の仕方(1):レジメの作成要領
第3回 ③先行研究の紹介の仕方(2):図書検索システムの利用方法
第4回 ④先行研究の紹介の仕方(3):論文検索の方法
第5回 ⑤論文(レポート)の書き方の指導(1):「心理学実習Ⅱ」のレポートに基づいて
第6回 ⑥論文(レポート)の書き方の指導(2):「心理学実習Ⅱ」のレポートの改稿
第7回 ⑦論文・論説文の読み方の指導
第8回 ⑧討論(ディスカッション)の仕方の指導
第9回 ⑨実験心理学に関する論文の報告と討論(1):グループA1回目
第10回 ⑩実験心理学に関する論文の報告と討論(2):グループB1回目
第11回 ⑪実験心理学に関する論文の報告と討論(3):グループA2回目
第12回 ⑫実験心理学に関する論文の報告と討論(4):グループB2回目
第13回 ⑬実験心理学に関する論文の報告と討論(5):グループA3回目
第14回 ⑭実験心理学に関する論文の報告と討論(6):グループB3回目
第15回 ⑮夏季休暇中の研究計画の報告(研究計画書の提出を含む)
授業外学習の課題 実験心理学に関する書籍・論文の講読・レジメの作成など、演習の授業において通常求められる授業外学習課題以外に、「心理学実習Ⅱ」の各レポートおよびレジメの改稿・再提出を求める(Moodleの利用を含む)。
履修上の注意事項 ・欠席や遅刻は厳に慎むこと(遅刻・早退は欠席扱いとする)。授業の性質上、やむをえない理由によらず3回以上欠席した場合には、単位認定しない。なお、風邪などの軽微の体調不良はやむをえない理由とは認めない。
・討論へ積極的に参加すること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014~2016年度生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 授業での発表内容(60%)と討論への参加度(20%)、および研究計画書の内容(20%)により評価する。
テキスト 使用しない。
参考文献 適宜紹介する。
主な関連科目 「心理学実習Ⅲ(04)」「認知心理学」「アドバンスト心理学講義A (心理言語学) 」
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
事前にアポイントメントを取った上で、質問・相談をすること。
電話:082-830-1202(直通)もしくは内線2448
電子メール:hmasuda@shudo-u.ac.jp
場所は、質問・相談の内容によって,協創館8410教室もしくは3号館2階談話スペースとする。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(専攻科目) 2007~2010 3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(自専攻科目) 2011~2016 3・4