授業コード 20011600 クラス
科目名 西洋史概論Ⅱ 単位数 2
担当者 河野 淳 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 ヨーロッパ社会史 European social history
授業の概要 前近代を中心に、ヨーロッパの人たちがどのように生きていたか、詳しく見てゆく。時系列に沿って進めるのではなく、各回一つのテーマを取り上げ、様々な角度から検討を試みる。
学習の到達目標 社会史とは有名でない普通の人びとが、どのように生きてきたか、論じるものである。衣食住、家族のあり方といったことは歴史の教科書にはあまり出てこないが、食べ、働き、互いに支えあって生きている名もない人びとが社会を作りあげているのであり、それら名もない人びとの大きなうねりを見ずして歴史を理解することは難しい。過去から現在に至るヨーロッパ社会の特質を人びとの暮らし方、考え方から理解することが本講義の目標である。
授業計画 第1回 社会史とは
第2回 衣・食・住
第3回 子供
第4回 女性
第5回 職人の暮らし
第6回 教育
第7回 巡礼
第8回 民衆信仰
第9回 死ぬこと
第10回 娯楽
第11回 人口
第12回 時間
第13回 動物
第14回 差別
第15回 まとめ
授業外学習の課題 授業後、講義の内容を復習して下さい。
第15回目の授業時にレポートを提出してもらうので、課題を確認し、計画的に執筆して下さい。
履修上の注意事項 小テストを行います。それまでのノートを全て持参して毎回の講義に臨んで下さい。授業時には、小テストに備えてきちんとノートをとるように心がけて下さい。
座席は全て指定とします(小テストの際の不正防止のため)。講義の際は指定された座席に着席して下さい。
ヨーロッパ社会史について、専門的なトピックを交えつつ見てゆきますが、難しい事柄については詳しく説明するので、高度な歴史の知識がなくても十分理解できます。
成績評価の方法・基準 レポート30%、授業へのとりくみ70%
テキスト なし。必要に応じて資料を配布します。
参考文献 授業内で適宜紹介します。
主な関連科目 なし
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問は授業終了時に受け付けますので、積極的に質問して下さい。授業の内容に限らず、歴史を学ぶ際にどのような本を読んだらよいか、といった質問も受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科教育学専攻(専攻科目) 2007~2010 1・2・3・4
人文学部教育学科(教職専門科目群) 2016~2016 1・2・3・4
人文学部教育学科(教職専門科目群) FHED14308 2017~2017 1・2・3・4
法学部法律学科 2007~2016 1・2・3・4
法学部法律学科 FHED14308 2017~2017 1・2・3・4
法学部国際政治学科(G群) 2007~2016 1・2・3・4
法学部国際政治学科(G群) FLIP10712 2017~2017 1・2・3・4