授業コード 20002706 クラス 06
科目名 演習Ⅳ 単位数 2
担当者 西野 泰代 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 教育心理学および関連領域に関する演習(4)
授業の概要 卒論研究・卒業論文の内容に関する報告と,それに対する討論を中心に授業を展開する。
履修者は各自の研究内容について,すでに行った調査などの結果報告を中心に,パワーポイントを用いたプレゼンテーションを行なう。さらに,その発表に対して全体で討論する。
より良い研究にするため,討論の場では活発な意見交換が求められる。
学習の到達目標 ● 主体的に研究を進めて行くこと。
● 研究内容について明快にプレゼンテーションすること。
授業計画 第1回 第1回: ガイダンス
第2回 第2回: データ分析・統計処理についての講義
第3回 第3回: 論文(レポート)の書き方についての講義
第4回 第4回: 調査・研究結果について報告および討論①
第5回 第5回: 調査・研究結果について報告および討論②
第6回 第6回: 調査・研究結果について報告および討論③
第7回 第7回: 調査・研究結果について報告および討論④
第8回 第8回: 調査・研究結果について報告および討論⑤
第9回 第9回: 調査・研究結果について報告および討論⑥
第10回 第10回: 調査・研究結果について報告および討論⑦
第11回 第11回: 調査・研究結果について報告および討論⑧
第12回 第12回: パワーポイントを用いたプレゼンテーションについて指導
第13回 第13回: 卒業研究・卒業論文のプレゼンテーション①
第14回 第14回: 卒業研究・卒業論文のプレゼンテーション②
第15回 第15回: 全体のまとめ
授業外学習の課題 ● 予備調査結果の分析。
● 調査の実施と結果の分析。
● 授業での報告に向けて,準備(レジュメの作成,プレゼンテーション)をしっかりとすること。
● 研究論文(レポート)の作成
履修上の注意事項 ● 遅刻や欠席をしないこと(やむを得ず欠席する場合は事前に連絡すること)。
● 討論に積極的に参加すること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014~2016年度生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 発表の内容や授業への貢献度および討論への参加の姿勢により総合的に評価する。
テキスト 使用しない。
参考文献 授業内で適宜紹介する。
主な関連科目 演習Ⅲ
卒業研究・卒業論文
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
個別に相談に応じる。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
人文学部人間関係学科心理学専攻(専攻科目) 2007~2010 4
人文学部人間関係学科心理学専攻(自専攻科目) 2011~2016 4