授業コード 12062625 クラス 25
科目名 ゼミナールⅢ 単位数 2
担当者 高濱 節子 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 経営情報論ゼミナール
授業の概要  経営情報論ゼミナールにおける学習テーマは「最適意思決定に対する経営科学および情報科学の応用」である.
ゼミナールの学習内容は,次の三つの柱から構成されている.
①経営科学に関する部分・・・最適意思決定,数理計画,ゲーム理論など
②情報科学に関する部分・・・プログラミング,インターネットなど
③応用事例に関する部分・・・事例研究,システム作成,シミュレーションなど
なお,2年次のゼミナールⅠ・Ⅱは基礎編,3年次のゼミナールⅢ・Ⅳは応用編であり,4年次の卒業論文作成に向けた基礎学力と表現力の獲得を目指す.
 毎回のように,若干の数学とコンピュータを用いるが,本ゼミナールでは,基礎学力と表現力の向上を最大の目的にしているので,学習内容は基本的な内容となっており,平易なはずである.
 この他に3分間スピーチを行う
学習の到達目標 ①経営科学の基本および情報科学の基本を確実に修得し,基本的な問題解決に利用できるようになる.
②情報科学をテーマにした卒業論文につながるような発展的な学習ができる.
②他の人に対して自分の意見を論理的に述べたり,他の人の意見を論理的に理解しようとすることができる.
授業計画 第1回 オリエンテーション(学習内容とゼミ運営について)
第2回 オリエンテーション(学習方法と発表方法について)
第3回 情報科学の応用学習と基礎演習①
第4回 情報科学の応用学習と基礎演習②
第5回 情報科学の応用学習と基礎演習③
第6回 情報科学の応用学習と基礎演習④
第7回 情報科学の応用学習と基礎演習⑤
第8回 要点整理と振り返り
第9回 情報科学の応用学習と発展演習①
第10回 情報科学の応用学習と発展演習②
第11回 情報科学の応用学習と発展演習③
第12回 情報科学の応用学習と発展演習④
第13回 情報科学の応用学習と発展演習⑤
第14回 要点整理と振り返り
第15回 まとめと後期への課題
授業外学習の課題 1.3分間スピーチの担当者は,授業外にスピーチのテーマを選び,それを解説して,自分の意見を述べる準備をする.
2.ゼミ終了後,毎回復習を心がけること.特に,演習問題等が行われたときは,自宅で見直しを行うこと.ゼミ時間内に演習が完了しなかった場合には,次回までに必ず完了させること.第15回目のゼミが終了したら,テキストやプリントなどを見直し,このゼミで何を学んだかを再確認すること.
履修上の注意事項 1.無断欠席は禁止です.
2.MoodleおよびShuPを利用するため,PCおよびネットワーク環境を用意すること.また,記録用に個人用のUSBメモリを毎回持参すること.

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 5回以上の欠席はD評価とする.
授業への取り組み(発表状況や演習等の取り組み状況)20%,レポートなどの課題 80%.
テキスト 柴田望洋『新明解C言語 入門編』 ISBN:978-4-7973-7702-6 SBクリエイティブ株式会社
本体価格2300円+税 修大生協
参考文献 適宜,指示する.
主な関連科目 ゼミナールⅠ・Ⅱ,経営情報論Ⅰ(情報科学概論),経営情報論Ⅱ(経営情報論),B群特殊講義(アルゴリズムとプログラミング演習), 現代経済入門Ⅰ・Ⅱ,統計学,情報処理,情報処理入門.
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
(1) ゼミナールⅠの授業で教室にいるので,基本的には授業開始前に質問・相談を受けます.
(2) オフィス・アワーを利用して,研究室に質問・相談に来てくれても構いません.但し,メール等で事前に予約を取って下さい.
(3) メールによる質問も受け付けます.

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部経営学科(D群) 2011~2016 2・3・4