授業コード 12062527 クラス 27
科目名 ゼミナールⅡ 単位数 2
担当者 中田 清 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 株式会社(特に中小会社)の会計のルールと具体的処理(簿記)を学ぶ
授業の概要 株式会社の経済活動を貨幣金額で測定(複式簿記)し、利害関係者に伝達するためのルールである会計基準と、それに基づいた会計処理(簿記)をしっかり理解したい。下記テキストを通じて、「覚える会計学」ではなくて「考える会計学」に親しみたい。会計基準が意図していることを主体的に考えてみましょう。また、簿記2級の力もつけましょう。
学習の到達目標 1.企業会計の原理原則を知り,客観的に論理で考える力をつけること。
2.人前で発表したり,議論できるようになること。
3.日商簿記検定試験2級に合格する実力をつけること。
授業計画 第1回 はじめに
第2回 財務諸表の仕組み(1)
第3回 財務諸表の仕組み(2)
第4回 棚卸資産の会計
第5回 有形固定資産の会計
第6回 無形固定資産および繰延資産の会計
第7回 金融資産の会計
第8回 負債の会計
第9回 純資産の会計
第10回 収益と費用の会計
第11回 税効果会計
第12回 外貨換算会計
第13回 企業結合会計
第14回 連結財務諸表
第15回 財務諸表の分析
授業外学習の課題 1.テキストの次回学習する箇所をよく読んで要約し、当日の授業終了時に提出してください(添削して翌週返却します)。また、質問事項をメモしておいてください。
2.発表者は,レジュメを作成してください。
3.会計は事業の言語といわれています。それは、企業が行うさまざまな経済活動を数字(金額)で表したものです。したがって企業の活動内容をしっかり理解できることが重要です。そのためには、日頃から新聞の経済記事を読むことを習慣づけておいてください。
履修上の注意事項 ・電卓を毎時間持参してください。
・報告レジュメおよび配付プリントはファイルして毎時間持参してください。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(60%)、報告レジュメの内容(20%)、課題提出(20%)を目安に総合的に評価します。
テキスト ・田中建二著『財務会計入門』中央経済社。(ゼミナールⅠで用いたもの)
・滝澤ななみ著『簿記の教科書 日商2級/商業簿記』、TAC出版。
参考文献 ・中央経済社編 『会計法規集』 中央経済社。
・滝澤ななみ著『簿記の問題集 日商2級/商業簿記』、TAC出版。
・興津裕康、大矢知浩司編 『現代会計用語辞典』 税務経理協会。
・『企業会計』 『会計』 『産業経理』 『旬刊経理情報』 『会計・監査ジャーナル』 などの雑誌(図書館で利用してください)。
主な関連科目 簿記原理Ⅰ、簿記原理Ⅱ、中級簿記Ⅰ、中級簿記Ⅱ、会計学原理Ⅰ、会計学原理Ⅱ、工業簿記Ⅰ、工業簿記Ⅱ、原価計算論Ⅰ、原価計算論Ⅱ、国際会計入門、ゼミナールⅠ。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
月曜日4時限のオフィス・アワーで対応します。
URLリンク 企業会計基準委員会
URLリンク 日本公認会計士協会
URLリンク 商工会議所の検定試験

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部経営学科(D群) 2011~2016 2・3・4