授業コード 12062525 クラス 25
科目名 ゼミナールⅡ 単位数 2
担当者 高濱 節子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 経営情報論ゼミナール
授業の概要  経営情報論ゼミナールにおける学習テーマは「最適意思決定に対する経営科学および情報科学の応用」である.
ゼミナールの学習内容は,次の三つの柱から構成されている.
①経営科学に関する部分・・・最適意思決定,数理計画,ゲーム理論など
②情報科学に関する部分・・・プログラミング,インターネットなど
③応用事例に関する部分・・・事例研究,システム作成,シミュレーションなど
なお,2年次のゼミナールⅠ・Ⅱは基礎編,3年次のゼミナールⅢ・Ⅳは応用編であり,4年次の卒業論文作成に向けた基礎学力と表現力の獲得を目指す.
  ゼミナールⅡでは,この目的を達成するために経営科学の問題を対象にプログラミング実習を行う.プログラミング実習の目的は,問題を分析し解決法を見いだし、処理手順(アルゴリズム)を作成しプログラムに作り上げる基礎力を養うことである.この他に毎回3分間スピーチを行う.
 毎回のように,若干の数学とコンピュータを用いるが,本ゼミナールでは,基礎学力と表現力の向上を最大の目的にしているので,学習内容は基本的な内容となっており,平易なはずである.
学習の到達目標 ①経営科学の基本および情報科学の基本を確実に修得し,基本的な問題解決に利用できるようになる.
②経営科学の基本的問題をテーマにしたレポートライティングができるようになる.
②他の人に対して自分の意見を論理的に述べたり、他の人の意見を論理的に理解しようとすることができる.
授業計画 第1回 オリエンテーション(学習内容について)
第2回 オリエンテーション(学習方法と発表方法について)
第3回 経営科学の基礎学習と基礎演習①
第4回 経営科学の基礎学習と基礎演習②
第5回 経営科学の基礎学習と基礎演習③
第6回 経営科学の基礎学習と基礎演習④
第7回 経営科学の基礎学習と基礎演習⑤
第8回 要点整理と振り返り
第9回 経営科学の基礎学習と発展演習①
第10回 経営科学の基礎学習と発展演習②
第11回 経営科学の基礎学習と発展演習③
第12回 経営科学の基礎学習と発展演習④
第13回 経営科学の基礎学習と発展演習⑤
第14回 要点整理と振り返り
第15回 総括と今後の課題
授業外学習の課題 1, 3分間スピーチの担当者は,授業外にスピーチのテーマを選び,それを解説して,自分の意見を述べる準備をする.
2.ゼミ終了後,毎回復習に心がけること.特に,ゼミ中に演習問題などが行われたときは,自宅で再度見直しを行うこと.もしもゼミ時間中に,演習問題が完了しなかったときは,次回までに必ず完了させること.第15回目のゼミが終了したら,テキストやプリント等を見直し,このゼミで何を学んだかを再確認すること.
3.毎回、各受講生にそれぞれの担当箇所を割り当てプレゼンテーションを行ってもらいますので、事前に準備しておく. したがって,与えられた分担に関して授業時間以外で学習し,まとめる十分な時間が必要となる.
4.期末には,演習結果を研究成果報告書にまとめて提出する.
履修上の注意事項 1.無断欠席は禁止です.
2.MoodleおよびShuPを利用するため,PCおよびネットワーク環境を用意すること.また,記録用に個人用のUSBメモリを毎回持参すること.
3.レジュメ及び配布したプリントはファイルして毎時間持参して下さい.
4.経営情報論を受講し,単位を修得すること.

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 5回以上の欠席はD評価とする.
授業への取り組み(発表状況や演習等の取り組み状況)20%,レポートなどの課題(80%)
テキスト 適宜,資料を配付する.
参考文献 適宜,授業中に指示する.
主な関連科目 ゼミナールⅠ,情報科学概論,経営情報論,B群特殊講義(アルゴリズムとプログラミング演習),現代経済入門Ⅰ,現代経済入門Ⅱ,情報処理入門,情報処理
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
(1) パソコンやネットの準備のために教室に比較的早めに行くので,基本的には授業開始前に質問・相談を受けます.
(2) オフィス・アワーを利用して,研究室に質問・相談に来てくれても構いません.但し,メール等で事前に予約を取って下さい.
(3) メールによる質問も受け付けます.

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部経営学科(D群) 2011~2016 2・3・4