授業コード 12062427 クラス 27
科目名 ゼミナールⅠ 単位数 2
担当者 中田 清 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 会計情報作成のための技術を学ぶ
授業の概要  企業の経済活動を貨幣金額で測定し、報告書にまとめ、それを企業内外の利害関係者に伝達するものが「会計」です。その中でも特に、企業外部の投資家、株主、債権者などの利害関係者を保護するために、金融商品取引法や会社法が貸借対照表や損益計算書などの作成・公表を企業に義務づけています。
 ゼミナールⅠ・Ⅱを通じて、こういった会計情報の作成のために必要な技術(複式簿記)やルール(会計基準等)を学び、さらにその利用の仕方にも理解を深めます。ゼミナールⅠでは、特に複式簿記の仕組みについてしっかり学習します。
学習の到達目標 1.企業会計の原理原則を知り,客観的に論理で考える力をつけること。
2.人前で発表したり,議論できるようになること。
3.簿記会計に関する資格(日商簿記検定試験3級)を取得すること。
授業計画 第1回 はじめに
第2回 数字はすべてを語る
第3回 複式簿記の仕組み(1)
第4回 複式簿記の仕組み(2)
第5回 複式簿記の仕組み(3)
第6回 複式簿記の仕組み(4)
第7回 複式簿記の仕組み(5)
第8回 複式簿記の仕組み(6)
第9回 複式簿記の仕組み(7)
第10回 複式簿記の仕組み(8)
第11回 複式簿記の仕組み(9)
第12回 複式簿記の仕組み(10)
第13回 会計制度
第14回 会計基準
第15回 まとめ
授業外学習の課題 1.テキストの次回学習する箇所をよく読んで要点をまとめ、当日の授業終了時に提出して下さい(添削して翌週に返却します)。
2.毎週、簿記問題の課題も出します。これも提出してください。
3.会計は事業の言語といわれています。それは、企業が行うさまざまな経済活動を数字(金額)で表したものです。したがって企業の活動内容をしっかり理解できることが重要です。そのためには、日頃から新聞の経済記事を読むことを習慣づけておいて下さい。
履修上の注意事項 ・電卓を毎時間持参してください。
・配付プリントはファイルして、毎時間持参してください。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(60%)、課題提出(40%)を目安に総合的に評価します。
テキスト ・田中建二著『財務会計入門』中央経済社。
・滝澤ななみ著『簿記の教科書 日商3級商業簿記』TAC出版。
参考文献 ・岸悦三、中田清、山口忠昭他著 『入門簿記(第三版)』 同文舘。
・滝澤ななみ著『簿記の問題集 日商3級商業簿記』TAC出版。
・興津裕康、大矢知浩司編 『現代会計用語辞典』 税務経理協会。
・八田進二、橋本尚著『財務会計の基本を学ぶ(第8版)』同文舘。
・戸田山和久著『「科学的思考」のレッスン』NHK出版。
・『企業会計』 『会計』 『産業経理』 『旬刊経理情報』 『会計・監査ジャーナル』 などの雑誌(図書館で利用してください)。
主な関連科目 簿記原理Ⅰ、簿記原理Ⅱ、中級簿記Ⅰ、中級簿記Ⅱ、会計学原理Ⅰ、会計学原理Ⅱ。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
月曜日4時限のオフィス・アワーで対応します。
URLリンク 企業会計基準委員会
URLリンク 日本公認会計士協会
URLリンク 商工会議所の検定試験

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部経営学科(D群) 2011~2016 2・3・4