授業コード 12062421 クラス 21
科目名 ゼミナールⅠ 単位数 2
担当者 稲田 勝幸 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 ゼミⅠ 経営管理論・経営組織論の基礎を学ぶ。seminarⅠ
授業の概要 (1)「経営管理論」「経営組織論」の基礎を学び、応用できるようになること(目的の共有)
(2)レポートの作成や発表の仕方を学ぶ
(3)議論の仕方を訓練する
(4)協働のあり方を学ぶ
(5)コミュニケーションのあり方を学ぶ
学習の到達目標 経営管理論,経営組織論の基礎をマスターすることができるようになる。
授業計画 第1回 まず、第一回目は、私が経営学の基礎の基礎について、プレゼンする。このプレゼンを参考にして、グループごとのプレゼンを準備してください。
第2回 戦略とは何か、競争のための差別化
第3回 競争優位とビジネスシステム
第4回 多角化と事業ポートフォリオ
第5回 企業構造の再編成
第6回 国際化の戦略
第7回 資本構造のマネジメント
第8回 雇用構造のマネジメント
第9回 組織と個人、経営の働きかけ
第10回 組織構造
第11回 インセンティブシステム
第12回 計画とコントロール
第13回 経営理念と組織文化
第14回 リーダーシップ
第15回 人の配置、育成、選抜
授業外学習の課題 (1)テキストを事前に読んでおくこと。
(2)発表の担当者はレジメを作成する。
(3)担当者はプレゼンテイションの準備を行う。
(2)ゼミの発表後に、再度、該当項目を自身で調べて、理解を深めること。
履修上の注意事項 (1) 出席は最低条件
(2) ゼミ生が主役(司会を決め、議論を進めていくこと)で運営する。
(3) 自分の発表の際には、決して欠席しないこと。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 評価は、自分の担当箇所のレジメ作成と、発表(50%)、更に、ゼミにおける積極的な参加(質問・議論への参加など)(50%)を総合的に評価して決定する。
無断で3回欠席すると、それ以降の受講を認めない。特に、自分の発表の日に無断で欠席することは認めない。
テキスト  伊丹敬之・加護野忠男著『ゼミナール経営学入門』日本経済新聞社、2012年。
参考文献 必要なものは講義の中で紹介する。
主な関連科目 経営管理論、経営組織論、経営戦略論、労務管理論、経営形態論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
(1)質問には、ゼミに時間に答える。
(2)分からないことがあったら、オフィスアワー等で対応する。
(3)積極的に研究室に来てください。(遊びに来てもいいです)

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部経営学科(D群) 2011~2016 2・3・4