授業コード 12020300 クラス
科目名 会計監査論Ⅰ 単位数 2
担当者 政岡 孝宏 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 会計監査の基礎について学ぶ:AuditingⅠ
授業の概要 「会計不信」、「監査不信」という言葉に象徴されるように、近年、巨額の会計不祥事が多発しています。エンロン、ワールドコム、カネボウ、ライブドアといった歴史に残る粉飾事件はもちろん、オリンパス、東芝といった企業の粉飾決算事件は、みなさんの記憶にも新しいでしょう。なぜこのような事件が起きてしまったのでしょうか。公認会計士はいったい何を監査していたのでしょうか。そもそも監査とは何をするものなのでしょうか・・・いま、監査に対する社会の関心が高まっています。
会計監査論Ⅰでは、企業の公表する財務諸表に関する監査(財務諸表監査)を中心に、日本の会計監査の基礎について学びます。
なお、授業計画は、授業の進度によって若干変更する場合があります。
学習の到達目標 現代社会において、会計監査が果たす役割について理解を深めてもらうこと。公認会計士の資格に関心を持ってもらうこと。
授業計画 第1回 イントロダクション
第2回 監査の基礎知識(1)
第3回 監査の基礎知識(2)
第4回 監査の歴史
第5回 金融商品取引法監査制度
第6回 会社法監査制度(1)
第7回 会社法監査制度(2)
第8回 会社法監査制度(3)
第9回 会社法監査制度(4)
第10回 会社法監査制度(5)
第11回 公認会計士制度
第12回 監査基準
第13回 監査人の適格性(1)
第14回 監査人の適格性(2)
第15回 会計監査論Ⅰのまとめ
授業外学習の課題 授業中に取り上げた条文や基準について、会計法規集等で必ず確認しておいて下さい。この課題への取り組み状況や授業の理解度を確かめるために、毎時間確認テストを実施します。確認テストは範囲予告をせず、それまでに学習した全範囲を出題範囲としています。授業時間外の学習をおろそかにしないよう心がけてください(<成績評価の方法・基準>も参照してください)。併せて、図書館やデータベースを活用して、日頃から新聞や雑誌等で会計(特に監査)に関する情報を積極的に集めるようにしてください。
また、学内で公認会計士の講演会などの学術講演会が開催される場合があります。積極的に参加してください。これらの講演会に参加し、レポートを提出した場合には、別途加点という形で評価します(<成績評価の方法・基準>を参照してください)。
その他、公認会計士試験などのより発展的な学習を望む学生については別途相談に乗ります(相談に際しては、下記の<質問・相談への対応>を参照してください)。
履修上の注意事項 1.授業中、頻繁に監査基準や会社法等の条文を参照してもらいます。特に監査基準について学ぶ際には会計法規集(コピー可)を必ず持参してください。
2.確認テストは平常点に直結します。毎時間の復習を怠らないようにしてください。
3.マナー違反学生等については厳しく対処します(詳しくは<成績評価の方法・基準>を参照してください)。こちらの指示に従わない場合には、その場で退室を命じ、以後の授業参加は認めません。教室内では常識ある行動を心がけるよう肝に銘じてください。
成績評価の方法・基準 定期試験70%、平常点30%で評価します。
(注1)以下に該当する学生はその場で学籍番号を控え、自動的にD判定とします。
(1)私語、居眠り、携帯電話の使用、帽子の着用などのマナー違反学生
(2)教室に来て座っているだけで授業に参加しない学生
(注2)遅刻・欠席について
遅刻欠席は減点の対象です。また、遅刻2回を欠席1回に換算し、欠席回数が一定回数を超えた場合、自動的にD評価となります。欠席・遅刻をしないよう肝に銘じてください。
(注3)平常点について
平常点とは、出席点のことではありません。授業への参加態度、課題への取り組み、確認テストの出来を総合的に評価します。そのため、遅刻、居眠り等のマナー違反学生や教室に来て座っているだけの学生については、授業を受ける意思がないと見なし、平常点を0点と評価します。
(注4)確認テストの範囲について
確認テストの試験範囲はそれまでに学習した全範囲です。前回の範囲だけでなく、それまで学習した全範囲についてしっかり復習に励んでください。
テキスト 配付レジュメを使用します。
参考文献 『会計法規集』『会計監査六法』『監査法規集』など、「監査基準」が記載されているもの(できれば「会社法」、「金融商品取引法」も記載されているものが好ましい)。その他の参考文献については授業中に適宜紹介します。
主な関連科目 簿記原理、会計学原理など。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業の開始前後、あるいは毎時間配布するカード等で質問を受け付けます。積極的に活用してください。また、授業内容等に関する質問はメールでも受け付けています。メールの送り方等については、ホームページ(http://ns1.shudo-u.ac.jp/~masaoka/html/contact.html)の指定様式を厳守してください。
なお、木曜日の13時~14時をオフィス・アワー(研究室)としています。必ず3号館1階の受付で在室確認の上、訪問するようにしてください。出張・委員会等で不在の場合もあるので、メール等での事前連絡が望ましいです。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2007~2016 3・4
商学部経営学科(C群) 2011~2016 3・4