授業コード 12013900 クラス
科目名 原価計算論Ⅱ 単位数 2
担当者 陳 豊隆 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 原価計算や原価管理などの諸理論を学習する
授業の概要  原価計算論Ⅱは原価計算論Ⅰと連動して講義内容を進めていくから、原価計算論Ⅰとペアで履修することが望ましい。
 まず、活動をベースにしている活動基準原価計算または活動基準原価管理の特徴を理解する上で、製品別原価計算の計算手続を学習していく。製品別原価計算は個別原価計算と総合原価計算とに区分される。まず、個別原価計算の仕組や製造間接費の配賦問題などを究明し、総合原価計算へと考察していく。
 なお、原価計算はビジネス実務に近い学問なので、ケース・スタディが不可欠であるため、授業中に配布するケース・スタディは基本問題であるために必ず解けるように努力する必要がある。
学習の到達目標 Ⅰ、個別原価計算や総合原価計算や標準原価計算などの計算仕組を修得すること。
Ⅱ、日商簿記検定試験の2級工業簿記を合格できるような演算能力を身につけること。
授業計画 第1回 部門別個別原価計算Ⅳ(テキスト第8講)
第2回 部門別個別原価計算Ⅴ(テキスト第8講)
第3回 総合原価計算(テキスト第3講)
第4回 総合原価計算における月末仕掛品の評価Ⅰ(テキスト第9講)
第5回 総合原価計算における月末仕掛品の評価Ⅱ(テキスト第9講)
第6回 総合原価計算における月末仕掛品の評価Ⅲ(テキスト第9講)
第7回 工程別総合原価計算(テキスト第10講)
第8回 仕損と減損の処理(テキスト第11講)
第9回 その他の総合原価計算Ⅰ(テキスト第12講)
第10回 その他の総合原価計算Ⅱ(テキスト第12講)
第11回 標準原価計算Ⅰ(テキスト第13講)
第12回 標準原価計算Ⅱ(テキスト第13講)
第13回 標準原価計算Ⅲ(テキスト第13講)
第14回 利益管理のための原価情報Ⅰ(テキスト第14講)
第15回 利益管理のための原価情報Ⅱ(テキスト第14講)
授業外学習の課題 Ⅰ、毎回の授業前に授業計画に沿った当該箇所を読んでおくこと(一回授業の進み具合は5頁~10頁前後)。
Ⅱ、毎回の講義の終了時に、次回までに提出する宿題を渡し、授業外学習を強く要求する。
Ⅲ、原価計算を理解するためには、問題を解くことが不可欠です。よって、テキストに書かれてある設例と章末の研究問題は必ず解いて、復習を行うこと。理解できない箇所があれば、次回の授業中に質問すること。
履修上の注意事項 Ⅰ、「原価計算論Ⅱ」は「原価計算論Ⅰ」の後継科目なので、「原価計算論Ⅰ」を修得しなければ、学習効果が悪くなる可能性がある。
Ⅱ、計算問題を解くことは理論を理解するために欠かせない作業なので、出来れば「原価計算演習Ⅱ」も合わせて履修した方が相乗効果を高める。
Ⅲ、電卓を常に持参すること。
成績評価の方法・基準 レポート課題30%、期末試験70%の割合で成績評価を行う。ただし、受講態度(私語など)の悪い学生には減点する。
テキスト 清水孝等『入門原価計算』第2版 中央経済社 ¥2,800 修大生協。
参考文献 櫻井通晴『原価計算 For New ERA』同文館 ¥4,800
岡本清『原価計算(六訂版)』 国元書房 ¥8,000
主な関連科目 原価管理論ⅠとⅡ、管理会計論ⅠとⅡ、財務会計論ⅠとⅡ、中級簿記ⅠとⅡ、税務会計論ⅠとⅡ、会計監査論ⅠとⅡ、上級簿記ⅠとⅡ、経営分析論ⅠとⅡ、工業簿記ⅠとⅡ、中級簿記演習ⅠとⅡ、原価計算演習ⅠとⅡ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
Ⅰ、質問・相談に関しては、講義中または講義終了直後に提出すること。
Ⅱ、オフィス・アワーを利用しても可。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4