授業コード 12004800 クラス
科目名 経営学総論Ⅱ 単位数 2
担当者 岡田 行正 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 現代企業経営の諸問題(Introduction to Business Administration Ⅱ)
授業の概要 本講義では、「今なぜ、経営学が必要なのか?経営学的な視点が求められているのか?」という問題意識から出発して、まず経営組織の基本形態、株式会社の仕組みや企業集団・系列化などの基礎的事項をおさえたうえで、現代の日本企業を取り巻く様々な問題のなかから、特に経営理念、グローバル化、企業文化、企業倫理や企業の社会的責任、人的資源管理について考察します。また、日本企業の特質を考えるために、日本的経営にまつわる事項や現在の日本社会が直面している少子高齢社会と雇用問題についてもとりあげていきます。
学習の到達目標 現代の企業を取り巻く経営環境とその変化、課題などを理解し、企業経営を考察する基本的視座を習得すること。
授業計画 第1回 講義の概要・進め方と評価方法の説明
第2回 経営組織の基本形態
第3回 株式会社の仕組みと特徴
第4回 企業集団とグループ経営
第5回 企業経営と経営理念
第6回 企業経営とグローバル化
第7回 企業文化の創造と変革
第8回 日本企業のケーススタディ①
第9回 日本的経営論の変遷
第10回 日本的経営システムの特質と変化
第11回 少子高齢社会と労働力構成の変化
第12回 日本企業のケーススタディ②
第13回 人事管理の歴史と人間モデル
第14回 人事管理から人的資源管理へ
第15回 総括と要点整理
授業外学習の課題 授業内容の理解度を確認するために、定期試験とは別に小テスト・課題レポートを課します。授業の内容を忘れないうちに、必ず復習してください。その際、キーワードや専門用語、その意味・内容は何か、授業の要点は何か、それを誰かに理解してもらえるように自分の言葉で説明できるかどうか、ということに注意しながら復習すると良いでしょう。
履修上の注意事項 ①定期試験と小テスト(授業中に2~3回程度実施)・課題レポート(1回)によって評価します。
②講義中に紹介する参考文献は、大学図書館を積極的に活用し、是非手にとってみてください。大学図書館は知識の宝庫です。
③日頃から新聞などに目を通し、企業経営の実状に関心をもって講義に出席するよう心がけてください。
成績評価の方法・基準 定期試験:40%、小テスト:30%、課題レポート:30% を目安に総合的に評価します。
テキスト テキストは、特に指定しない。必要な資料は、講義中に配布します。
参考文献 岸川善光 編『経営管理要論(経営学要論シリーズ)』同文舘 2015年
岸川善光 編『経営環境要論(要論シリーズ9)』同文舘 2012年
鷲田祐一『日本企業は次に何を学ぶべきか』同文舘 2016年
坂本・大坂・鳥居 編『テキスト 現代企業論(第4版)』同文舘 2015年
松本芳男『現代企業経営学の基礎(上巻)』同文舘 2014年
松本芳男『現代企業経営学の基礎(下巻)』同文舘 2014年

上記の他にも、講義の中で随時紹介していきます。
主な関連科目 経営学の各学科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、基本的に授業後に受け付けます。また、オフィスアワー(月曜日・5時限)を利用して、研究室に質問・相談に来てください(ただし、会議や出張などで不在の場合もあるので、メール等での事前連絡が望ましい)。それ以外の日時でも、メール等で事前に問い合わせてもらえれば、時間調整して対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4
法学部国際政治学科(F群) 2007~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(関連科目) 2007~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(関連科目) FHES28107 2017~2017 2・3・4