授業コード 12004700 クラス
科目名 経営学総論Ⅰ 単位数 2
担当者 岡田 行正 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 基礎から学ぶ経営学(Introduction to Business Administration Ⅰ)
授業の概要 本講義では、経営学の基礎的事項の習得を主たる目的とします。そのため、まず「経営学とは?」「マネジメントとは?」といった初歩的な問いからスタートし、経営学の代表的な理論がそれぞれどのような時代的背景のなかで、どのような理念のもと生まれ、発展してきたのかを考察していきます。また、こうした理論が、現在の企業経営にどのように影響し、活かされているのか、具体的な事例を示しながら考えていきます。
学習の到達目標 経営学の基本的な理論とその特徴を理解・習得すること。
授業計画 第1回 講義の概要・進め方と評価方法の説明
第2回 経営学とは? マネジメントとは?
第3回 組織と管理①(テイラー・システム)
第4回 組織と管理②(フォード・システム)
第5回 組織と管理③(ファヨールの管理論)
第6回 組織と管理④(バーナードの組織論
第7回 組織と管理⑤(サイモンの意思決定論)
第8回 組織と個人(人間関係論)
第9回 組織における人間行動①(欲求理論)
第10回 組織における人間行動②(動機づけ理論)
第11回 組織における人間行動③(リーダーシップ論)
第12回 組織と環境(コンティンジェンシー理論)
第13回 組織と戦略①(戦略概念と経営戦略論の発展系譜)
第14回 組織と戦略②(競争戦略論と資源ベース理論)
第15回 総括と要点整理
授業外学習の課題 授業内容の理解度を確認するために、定期試験とは別に小テストを2~3回程度、授業中に実施します。授業の内容を忘れないうちに、必ず復習してください。その際、キーワードや専門用語、その意味・内容は何か、授業の要点は何か、それを誰かに理解してもらえるように自分の言葉で説明できるかどうか、ということに注意しながら復習すると良いでしょう。
履修上の注意事項 ①定期試験と小テスト(授業中に2~3回程度実施)によって評価します。
②講義中に紹介する参考文献は、大学図書館を積極的に活用し、是非手にとってみてください。大学図書館は知識の宝庫です。
③日頃から新聞などに目を通し、企業経営の実状に関心をもって講義に出席するよう心がけてください。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 定期試験:60%、小テスト:40% を目安に総合的に評価します。
テキスト 岡田行正『アメリカ人事管理・人的資源管理史 新版』同文舘 2008年(¥3,456)
参考文献 深山明・海道ノブチカ 編『基本 経営学(改訂版)』同文舘 2015年
大森 信 編『戦略は実践に従う』同文舘 2015年
犬塚正智 編『経営学ぺーシックスプラス』同文舘 2014年
山下洋史『人的資源管理と日本の組織』同文舘 2016年
太田 肇『承認とモチベーション』同文舘 2011年
山崎由香里『組織における意思決定の心理』同文舘 2011年

上記の他にも、講義の中で随時紹介していきます。
主な関連科目 経営学の各学科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、基本的に授業後に受け付けます。また、オフィスアワー(月曜日・5時限)を利用して、研究室に質問・相談に来てください(ただし、会議や出張などで不在の場合もあるので、メール等での事前連絡が望ましい)。それ以外の日時でも、メール等で事前に問い合わせてもらえれば、時間調整して対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4
法学部国際政治学科(F群) 2007~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(関連科目) 2007~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(関連科目) FHES28106 2017~2017 2・3・4