授業コード 11063303 クラス 03
科目名 ゼミナールⅣ 単位数 2
担当者 川原 直毅 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 マーケティング・リサーチ手法(テクニック)とシミュレーション(Technique and Simulation of Marketing Research)
授業の概要 ゼミⅣでは、まず最初にマーケティング、マーケティング・リサーチの様々な知識、手法を基に、ゼミⅢで取り上げた新商品開発、リサーチテーマ、個別研究課題について再度議論を行い、テーマに関するデータの収集、分析、手法などを再確認する。そのうえで実際の企業が抱える新商品開発、マーケティング諸問題をケース・スタディ(事例研究)から、分析視点、アイデアの発想法をマーケティング・リサーチの観点から行う。次に、グループ相互で議論し、論理的考察が行われているのか、ディスカッション、ディベートを行う。その際、既存のデータは勿論のこと、専門書、インターネット、公表されている統計データなどを駆使し、詳細なリサーチを行ったものとして、企業に対してプレゼンテーション及びコンサルティングができるように能力開発ができればと考えている。これによってマーケティング・リサーチの実際を学ぶことを目的とする。
さらに、ゼミⅣの後半では、ビジネスプランの作成、就職活動を前提にゼミ内でゼミ生全員が業界研究を行う。
学習の到達目標 マーケティング・リサーチ手法の活用が出来る。
新商品開発の手順が理解でき、マーケティング諸問題への解決策が分かる。
プレゼンテーション能力、コンサルティング能力が高められる。
業界研究に積極的に参加出来る。
ビジネスプラン作成が出来る。
授業計画 第1回 マーケティング・リサーチの様々な手法について再確認
 ~新商品開発(パン、ケーキ)のプレゼンに向けて~
第2回 リサーチ・テーマ、個別課題研究に関するディスカッション及びディベート
 ~プレゼン内容と要旨の取り纏め~
第3回 ケース・スタディ(事例研究)の分析視点とリサーチ手法について
 ~プレゼンとレジュメの政策~
第4回 ケース・スタディ(事例研究)の諸問題へのアプローチ(1)
 ~コラボ企業への新商品のプレゼン1~
第5回 ケース・スタディ(事例研究)の諸問題解決のためのレクチャー
 ~コラボ企業への新商品のプレゼン2~
第6回 ケース・スタディ(事例研究)の新商品開発について(1)企業の提案内容の吟味
 ひろみらセンターに依頼があった起業の新商品開発Ⅰ
第7回 ケース・スタディ(事例研究)の新商品開発について(2)アイデアの創出と新規提案
 ひろみらセンターに依頼があった起業の新商品開発Ⅱ
第8回 ケース・スタディ(事例研究)から抽出されたアイデアの具体的内容の精査(1)
 地域資源を活用した新商品開発、農商工連携事業による新商品開発
第9回 ケース・スタディ(事例研究)から抽出されたアイデアのプレゼンテーション
 地域資源を活用した新商品開発、農商工連携事業による新商品開発
第10回 ケース・スタディで取りあげた企業への新規提案内容の提出
 地域資源を活用した新商品開発、農商工連携事業による新商品開発
第11回 ビジネスプランの作成(1) ゲストスピーカー:日本政策金融公庫
第12回 ビジネスプランの作成(2) ゲストスピーカー:日本政策金融公庫
第13回 業界研究(1)製造業(業種についてはケース・スタディをサンプルとする)
第14回 業界研究(4)卸・小売業・サービス業(業種についてはケース・スタディをサンプルとする)
第15回 演習の総括 グループディスカッションとディベート
 プレゼンテーション、コンサルティング能力の滋養のために
授業外学習の課題 グループで発表する報告書の内容を各自が事前に調べておく必要があるので各データの見方、読み方などリサーチ・データが意味するところ、データの出所、アンケート調査などの精査を行っておくこと。
また、発表時にはレジュメの作成が必要なので事前に用意すること。
業界研究では、自分の関心のある業界、企業など、調べられる範囲内のことを取りまとめること。
ディベート・ディスカッションのシミュレーションは、テーマを与えます。また、各グループで時間内で議論する訓練を行います。
自己管理が出来るようにメモを取る習慣、要点のチェックなど、実践的に指導します。
履修上の注意事項 グループ演習のため、無断欠席は認めません。ゼミⅣではゼミ生の主体性を特に重視します。
マーケティングの基礎知識の確認、及びその応用ができるようにトレーニングします。
新商品開発については、物事を多角的に見ることができるように普段からレクチャーしますので、ゼミ生も図書館などから関連する図書は精力的に読むようにして下さい。
特に、新商品開発については、先方の企業への新規アイデアの提案が条件となりますので真剣に取り組んで下さい。
業界研究は、自分の就職を念頭に事前に調べるようにして下さい。
ゼミ中のスマホの操作は一切禁止します。このルールが守れない学生は除籍とします。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 役割分担による目標達成度および責任感、リサーチに対する自主的な取り組み姿勢60%、ディスカッション、ディベート、プレゼンテーション、レジュメの作成40%で総合的に判断する。
テキスト テキストは基本的に使用しません。
必要な資料、データはプリントして配布します。
参考文献は、随時、紹介します。
参考文献 ケース・スタディの資料は事前に配布します。
主な関連科目 マーケティング・リサーチⅠ、消費市場調査論、ブランド戦略、小売形態論、ビジネスプラン作成
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.ゼミ時間内に毎回、質問があるか否か尋ねます。
2.ゼミ時間外では、研究室でも構いません。遠慮せず、来て下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 3・4