授業コード 11063302 クラス 02
科目名 ゼミナールⅣ 単位数 2
担当者 川瀬 正樹 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 地理学的地域分析と地域課題への提案
授業の概要 地域を地理学的に研究するための地域分析などの方法を修得します。具体的には、ゼミナールⅢで各班が担当したテーマに沿ってフィールドワークの結果や資料の分析を進め、その成果を発表するとともに、地域課題解決のための方法を提案し,実際に地域に貢献できる活動をします,同時に,卒業論への準備も兼ねて,論文紹介レジュメの作成を通して,論文の読み方を身に着ける。
学習の到達目標 地理学的手法を用いて地域を分析する能力を養い、地域課題に何らかの提案し,活動できるようになる。
授業計画 第1回 夏休み中のフィールドワークの報告(1)
第2回 夏休み中のフィールドワークの報告(2)
第3回 論文紹介の説明・文献選択
第4回 中間報告書の作成
第5回 フィールドワークの結果分析と検討(1)
第6回 フィールドワークの結果分析と検討(2)
第7回 地域課題解決に向けての活動の準備(1)
第8回 地域課題解決に向けての活動の準備(2)
第9回 班別の成果発表(1)
第10回 班別の成果発表(2)
第11回 現地報告会の準備
第12回 現地報告会の結果を受けての議論
第13回 成果発表の準備
第14回 卒業論文に向けて
第15回 成果発表の予行演習
授業外学習の課題 GIS(地理情報システム)に関する課題や論文の要約は,授業時間内では終わらないため,授業外学習が必要となる
履修上の注意事項 無断欠席をしないこと

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 レポート50%,授業への取り組み等の総合的評価50%によって評価します。
テキスト 特に使用しない。授業中に資料を配付するほか、学生の発表レジュメを使用する。
参考文献 安仁屋政武『主題図作成の基礎』(地人書房)
菅野峰明ほか『地理学講座2 地理的情報の分析手法』(古今書院)
高橋伸夫・溝尾良隆編『地理学講座6 実践と応用』(古今書院)
正井泰夫・小池一之編『卒論作成マニュアル-よりよい地理学論文作成のために-』(古今書院)
主な関連科目 地域産業論,都市経済論,地理情報システム論Ⅰ・Ⅱ,地理学,教養講義(生活の中の地理学),観光論,観光地域論など
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中に適宜対応するほか,個別相談に応じるので,必要に応じて連絡を取ること。(内線3417)

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 3・4