授業コード 11063301 クラス 01
科目名 ゼミナールⅣ 単位数 2
担当者 柏木 信一 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 卒業研究への指針
授業の概要  2年次ゼミナールⅠでの成果を踏まえ、自身の関心あるテーマや進路を考慮して来年度の卒業研究につなげていく。なお、柏木ゼミにおける報告及び4年次の卒業論文は、社会科学の領域から逸脱しない限り自由です。進行は受講者の理解度に応じて調整・変動します。柏木ゼミにおける報告及び4年次の卒業論文は、社会科学の領域から逸脱しない限り自由です。
学習の到達目標  就職活動と卒業研究を意識し、消費者への配慮と法律・マーケティングというスキルを通じて、「自分力商品」の開発と醸成、社会的適応力を身につけられるようにこと
授業計画 第1回 個別研究報告1
第2回 個別研究報告2
第3回 個別研究報告3
第4回 個別研究報告4
第5回 個別研究報告5
第6回 個別研究報告6
第7回 個別研究報告7
第8回 個別研究報告8
第9回 個別研究報告9
第10回 個別研究報告10
第11回 個別研究報告11
第12回 個別研究報告12
第13回 面談と卒論設定指導
第14回 面談と卒論設定指導
第15回 面談と卒論設定指導
授業外学習の課題 ■今年度に消費者政策論を必ず履修し、試験に合格すること。
■消費生活関連知識(経済と法)、商品政策論をよく勉強すること。何のプロを目指すか、常に意識して日々を過ごし、鍛錬すること。
履修上の注意事項 ※報告は、個別でもグループ(3名まで)でも可。
※また、研究報告においては、マーケティング、流通、消費者保護論、経済学、法律学のいずれか領域に関する「理論的文献・論文(文庫本も可)」を2冊以上読み、引用すること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 報告内容、質問・態度、メンバーへのサポートを含めたゼミへの取り組み(80%)+課題(20%)

※ゼミは皆勤が当然である。無断欠席は50点減点で即失格、
  居眠り、私語、正当事由なき欠席・遅刻は1回につき10点減点する。
※ゼミにおいては質問、コメント、問題提起をどんどんしよう。それゆえ、1回も発言しない場合には、出席として認めない。


AA 内容、貢献度共にかなり高い。
A 内容、貢献度は良好。
B 内容的には物足りない。奮起されたし。
C 最低レベルだが、ゼミⅡの単位は認定する。
D 登録抹消・失格(再履修も不可)
X 次年度で再度履修を求める。
テキスト テーマに応じて文献を指示する。
参考文献 ●柏木信一『21世紀の商学原論-経済、商、法の3極思考-』晃洋書房
●谷村・岩本編『消費者市民社会の構築と消費者教育』晃洋書房
主な関連科目 消費者政策論、商品政策論。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
ゼミ生は、個別に対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 3・4