授業コード 11063213 クラス 13
科目名 ゼミナールⅢ 単位数 2
担当者 矢野 泉 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 商品や流通に関する社会経済問題についての実証分析
授業の概要 ゼミナールⅠ、Ⅱで身につけた問題発見能力や課題解決能力、情報処理能力や分析力を使い、現代の流通問題についてより深い思考が行えるよう、理論的な学習と流通現場の視察等を行う。
学習の到達目標 流通問題や消費者問題の分析によく使われるアンケート手法について学び、分析力を身に付ける。
流通に関わる社会問題等について、各自が興味のある分野を見つけ、理解を深める。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 講義:アンケート法について/グループ決め
第3回 グループワーク① アンケートテーマ(仮説)の設定とアンケート設計
第4回 グループワーク② アンケートの試行と検討
第5回 グループワーク③ アンケート票の完成
第6回 グループワーク④ アンケートの実施と結果の入力(講義:アンケートの入力方法)
第7回 グループワーク⑤ アンケート結果の入力
第8回 グループワーク⑥ アンケート結果の分析
第9回 グループワーク⑦ アンケート結果の分析のまとめ
第10回 グループワーク⑧ アンケート結果の要因分析についてのディスカッションと資料探し(アンケート結果について、統計データや文献で補足する)
第11回 グループワーク⑨ 発表会準備
第12回 グループ発表会
第13回 流通に関わる現場視察についての準備/他大学との合同ゼミ準備
第14回 流通に関わる現場視察
第15回 現場視察についてのディスカッション/他大学との合同ゼミ発表予行練習
授業外学習の課題 グループワークでの課題が授業内に完成しない場合は、各グループで授業外で集まり対応する。
日ごろから、スーパーマーケットやコンビニエンスストア等身近な流通業について観察を行い、自分の興味のある流通問題を発見する。
履修上の注意事項 全授業無遅刻無欠席を基本とする。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 シャトルカード提出(20%)、グループワークへの積極性(30%)、アンケート結果についてのグループ発表内容(40%)、流通現場視察への積極性(10%)
テキスト ゼミナール内で配布するプリントをテキストとする。
参考文献 授業内で適時伝える。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業内での積極的な質問を期待する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 3・4