授業コード 11063211 クラス 11
科目名 ゼミナールⅢ 単位数 2
担当者 中井 教雄 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 金融・保険の発展的検証
授業の概要 本講義は、保険の理論的、国際的、歴史的側面をベースとし、保険会社等の金融機関をアカデミックに理解した上で、実践的・戦略的な領域にも対応できる人材の育成を目的とする。また、本講義では、保険と金融の基礎について学習した上で、時事問題について実証分析を踏まえた解決方法の習得を目指す。
学習の到達目標 金融・保険の発展的検証スキルを習得することにより、実際の経済・金融市場で生じている問題について、多角的に検証することができる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 実証分析の基礎知識
第3回 実証分析の応用(1):主成分分析の解説
第4回 実証分析の応用(2):主成分分析の実践
第5回 主成分分析を用いたプレゼンテーションの準備
第6回 主成分分析を用いたプレゼンテーション
第7回 実証分析の応用(3):因子分析の解説
第8回 実証分析の応用(4):因子分析の実践
第9回 因子分析を用いたプレゼンテーションの準備
第10回 因子分析を用いたプレゼンテーション
第11回 グループワーク(1):研究テーマの設定
第12回 グループワーク(2):研究テーマに基づいたデータ収集
第13回 グループワーク(2):研究テーマに基づいた(試験的な)データ分析
第14回 グループワーク(2):研究テーマに基づいたデータ分析
第15回 本講義のまとめ
授業外学習の課題 講義は体系的に行われる。既に学習した内容を前提として講義が展開されるので、不明な事項については自分で調べた上で担当教員に質問すること。講義の理解度を向上させるために、受講前に前回までのノートを復習しておくことを推奨する。
履修上の注意事項 本講義では座席を指定して毎回出席をとる。出席が12回未満の場合、単位は取得できない。遅刻・欠席は減点とする(遅刻は2回で欠席1回の扱いとなる)。なお、履修制限を行う場合がある。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 レポート(30%)および研究報告(70%)により、講義内容の理解度について確認・評価する。
テキスト 使用しない(本講義ではレジュメを配布して授業を行う)。
参考文献 講義時に適宜紹介する。
主な関連科目 保険論、保険各論、応用ファイナンス論、リスクマネジメント論、生命保険実務
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問等の相談については、講義時間の前後で可能な限り受け付ける。時間内に受付または回答できなかった相談については、メール等で対応する。その中で、特に頻繁に受けた質問または重要な質問については、以降の講義で解説する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 3・4