授業コード 11063203 クラス 03
科目名 ゼミナールⅢ 単位数 2
担当者 川原 直毅 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 新商品開発とマーケティング・リサーチの重要性(New Product Development and Learning of Importance in Marketing Research)
授業の概要 ゼミナールⅢでは、ゼミナールⅠ、ゼミナールⅡで学んだマーケティング・リサーチの機能、役割、各種手法など実際に学んだことを基礎に、ゼミ生各自が現在、疑問に感じていることをグループで議論して共通のテーマを設定します。このテーマに沿ってマーケティング・リサーチの基本的な考え方、進め方を実際のデータ分析から仮説、仮設の検証、現状分析を体験します。具体的には、新商品開発のプレゼンテーションを行います。
今年度は、パン、ケーキ、カフェのサイドメニューをゼミ生各自が提案し、リアル店舗でこれが可能であるか、経営者から直接指導を受けます。
新商品のアイデアの創出、企画、市場調査、競合商品、価格、消費者志向、トレンドまで様々な分析を行います。
新商品開発の進め方については、レクチャーしますが、売れるためのモノづくりであることを真剣に考えてゼミに臨むことが絶対条件です。そのため、ゼミ生各自が進んで発言し、何度もKJ法、ブレーンストーミング、ディベートによってグループで取りまとめの作業を行います。
また、ゼミ生の個別テーマが明確になっている学生については、個別テーマの内容をさらに深め、課題研究として対応します。例えば、アパレルやファッションに興味・関心のある学生については、実際のアパレルメーカーの資料があります。生地見本、カラーチャート、デザイン、トレンドなどについては直接指導します。また、直接アパレルメーカーや専門店に出向いてレクチャーを受けます。(ゼミ時間は出来ませんので土日、授業が無い日になります)。
学習の到達目標 マーケティング・リサーチの実際とシミュレーション体験、企画書の作成ができる。
個別テーマに向けて指導しますのでゼミ生各自の問題意識を具現化できます。
新商品開発、アイデアの創出の仕方から実際の企業へのプレゼンテーションをします。
様々なマーケティング・リサーチの手法が学べ、ゼミ生各自の視野が広がります。
授業計画 第1回 グループ演習のためのテーマの設定(リサーチ・テーマの設定とディスカッション)(1)
 新商品開発のための基礎知識
第2回 リサーチ・テーマの設定(KJ法、ディベートによるグループディスカッション)(2)
 新商品開発のアプローチ
第3回 リサーチ・テーマのフォーマットの作成(1)スケルトンの作成に向けて
 新商品開発の発想
第4回 スケルトン作成手順と各自の役割分担
 新商品開発の手順作成
第5回 リサーチ・テーマの細分化と各自の役割分担との整合性について
 スギタベーカリーの社長から新商品開発の実際を学ぶ(1)
第6回 リサーチ・テーマに向けたレジュメの作成
 ティスティングと新商品開発の具体的な進め方
第7回 ゼミ生各自の個別作業の指導(レジュメの校正、他)
 新商品開発の試作に向けてグループ演習(1)市場分析
第8回 リサーチ・テーマの中間発表・進捗状況のチェック
 新商品開発の試作に向けてグループ演習(2)取り扱いアイテム
第9回 リサーチ・テーマの全体校正と指導(1)
 新商品開発の試作に向けてグループ演習(3)顧客ニーズの把握
第10回 リサーチ・テーマの全体校正と指導(2)
 新商品開発の試作に向けてグループ演習(4)原材料からコストまで
第11回 リサーチ・テーマの報告会(1)グループディスカッションとディベート
 新商品開発の試作に向けてグループ演習(5)プロトタイプの原案
第12回 リサーチ・テーマの方向会(2)個別テーマと全体のテーマとの関連性(問題点の抽出)
 新商品開発の試作に向けてグループ演習(6)プロトタイプの原案のブラッシュアップ
第13回 リサーチ・テーマの報告会(3)報告書のブラッシュアップの仕方
 新商品開発の試作に向けてグループ演習(7)商品化の現状と課題
第14回 リサーチ・テーマ(報告書の最終チェック)
 新商品開発の試作に向けてグループ演習(8)課題の検討
第15回 報告書、課題研究の提出と総括
 新商品開発の試作に向けてグループ演習(9)課題の解決策
授業外学習の課題 ゼミ生各自が疑問に思ったこと、普段から何故、どうして、と言った疑問点を明確にするため、様々なデータ、既存統計データ、インターネットなどを駆使してテーマに沿って基礎となる情報収集を行います。そのため、ゼミ生各自が常に問題意識を持ってゼミに臨まなければなりません。従って、情報収集のために新聞、文献、各種データの検索などが必要となります。
また、これまで先輩たちが作成したリサーチの報告書などを参考に予備知識を持っておくと、グループディスカッションやディベートに役立ちます。
1.ディスカッションのためのデータ収集
2.流通新聞など新聞記事、データの収集
3.専門書の検索
4.インターネット検索
5.統計データの活用
6.リサーチの手法
履修上の注意事項 マーケティング・リサーチを実践します。PBL型のゼミですから、ゼミ生各自が自主性を持ち、積極的に参加することが何よりも大切です。ゼミでは常に自分自身の問題意識を明確にし、自分が何をするのか、したいのかを決めなければ前に進みません。ゼミでは何事にも真剣に真面目に取り組んで下さい。
無断欠席は認めません。自主性、協調性が求められます。また、データは常に客観性が要求されます。普段の生活の中でも自分のアンテナを張り巡らし、興味・関心のあることはどんどん取り入れて下さい。
ゼミ中のスマホの操作は一切禁止します。このルールを守れない学生は除籍処分とします。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 ゼミⅢでは、役割分担による勉強の達成度及び責任感、リサーチに対する自主的な取り組み姿勢などを考慮し、授業への取り組み60%、レポート・報告書40%によって総合的に評価する。1/3以上の欠席は評価の対象としない。
テキスト テキストは基本的に使いません。
必要な資料、データはプリントして配布します。
参考文献 随時、適切な文献、データなどを紹介する。
指方一郎『図解 よくわかるこれからの市場調査』など
主な関連科目 マーケティング・リサーチ、ブランド戦略、流通論、小売形態論、地域商業論
マーケティング論 企業診断
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.ゼミ時間内に毎回、質問があるか否か尋ねます。
2.ゼミ時間外では、研究室でも構いません。気軽に来て下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 3・4