授業コード 11063113 クラス 13
科目名 ゼミナールⅡ 単位数 2
担当者 矢野 泉 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 社会における流通の役割に関する知識の深化と応用
授業の概要 ゼミナールⅠで身につけた問題発見能力や課題解決能力をさらに実践的に活用するため、流通に関する知識を深め、分析能力を高める。
学習の到達目標 流通問題や流通業界への知識と理解を深める。
流通問題や流通業界を客観的データ(信頼できる統計)によって、分析することができる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 テキスト輪読①
第3回 テキスト輪読②
第4回 テキスト輪読③
第5回 テキスト輪読④
第6回 テキスト輪読⑤
第7回 テキスト内容についてのディスカッションとワーク
第8回 流通問題に関する各自の興味発掘
第9回 統計を使った「現代の流通問題」グループワーク① 各グループテーマの設定
第10回 統計を使った「現代の流通問題」グループワーク② データベースづくり
第11回 統計を使った「現代の流通問題」グループワーク③ いい図表、悪い図表~エクセルを使ったデータ処理(講義)
第12回 統計を使った「現代の流通問題」グループワーク④ データの加工・分析
第13回 統計を使った「現代の流通問題」グループワーク⑤ 分析結果の中間発表
第14回 統計を使った「現代の流通問題」グループワーク⑥ 発表内容の補足・修正
第15回 統計を使った「現代の流通問題」グループワーク⑦ 最終発表会
授業外学習の課題 テキスト輪読については、該当部分を必ず下読みしてくる。報告者はレジュメを準備する。
グループワークが授業内に完了しない場合は、各グループで授業外に集まり次回のグループワークが円滑に進むよう努力する。
日ごろから、身近な流通業について観察を行う。
履修上の注意事項 全授業無遅刻無欠席を基本とする。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 シャトルカード提出(20%)、テキスト輪読への取り組み姿勢(30%)、グループワークへの積極的な参加姿勢(10%)、グループ中間発表の内容(10%)、グループ最終発表の内容(30%)
テキスト テキストは最初の講義(ガイダンス)で指示する。
その他、ゼミナール内で配布するプリントをテキストとする。
参考文献 授業内で適時伝える。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業内での積極的な質問や意見を期待する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 2・3・4