授業コード 11063111 クラス 11
科目名 ゼミナールⅡ 単位数 2
担当者 中井 教雄 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 金融システムの応用的研究
授業の概要 本講義は、保険の理論的、国際的、歴史的側面をベースとし、保険会社等の金融機関をアカデミックに理解した上で、実践的・戦略的な領域にも対応できる人材の育成を目的とする。また、本講義では、実際に生じている金融問題についてディベートを通して理解を深めるとともに、その解決方法の習得を目指す。
学習の到達目標 保険論、金融機関論の応用力を身につける。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 回帰分析を用いたシミュレーション分析に関する解説
第3回 回帰分析を用いたシミュレーション分析の実践
第4回 シミュレーション分析を用いたプレゼンテーション
第5回 グループ・ディスカッション:経済ニュースについて批判的に議論する
第6回 ディベートの解説
第7回 ディベートのルールを踏まえたテーマの決定方法
第8回 ディベートテーマに関するプレゼンの準備
第9回 ディベートテーマに関するプレゼン
第10回 ディベートレジュメ作成に関する解説
第11回 ディベートレジュメの作成
第12回 ディベートレジュメの完成・交換・チェック
第13回 ディベートの準備
第14回 ディベート
第15回 本講義のまとめ
授業外学習の課題 授業時間は発表・討論を行う場である。ゆえに、発表・討論で用いるレジュメの作成や事前の準備については、原則授業時間外で行うこと。
絶対に欠席しないという強い意志を保持しつつ、ゼミナールの活動に積極的に参加すること。
履修上の注意事項 報告の際には、レジュメの作成が必要となる。
報告後には、レジュメの再チェックをする習慣を身につけること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 授業への取り組み70%、プレゼンテーション30%によって総合的に評価します。
テキスト 使用しない。
参考文献 必要に応じて適宜指示する。
主な関連科目 リスクマネジメント論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中あるいは授業終了時に直接対応します。
火曜日13時~15時をオフィス・アワーにあてています。研究室(新3号館4階)までどうぞ。ただし、会議等で不在の場合もあるのでメール等での事前連絡が望ましいです。
メールでも対応します。メール・アドレスはガイダンスで伝えます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 2・3・4