授業コード 11063108 クラス 08
科目名 ゼミナールⅡ 単位数 2
担当者 澄川 真幸 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 マーケティング論の基礎トレーニング The Trainings for Marketing Theory and Practice
授業の概要 マーケティング的な思考様式とマーケティング・マインドの涵養を講義の目的にしています。2年次後期のゼミⅡでは、マーケティングの基礎問題を解決するためのレッスンを行います。あわせて、ゼミⅠに引き続き、企業との共同研究(コラボレーション)を行い、新商品開発の一連のプロセスを体験学習していきます。
学習の到達目標 マーケティングの色々な基礎作業を体験すると同時に、プレゼンテーションの力と対話力の更なる向上を目指します。また、新商品開発の基本的スタイルが身につけられます。
授業計画 第1回 ゼミⅡの概要説明と後期での共同研究(コラボレーション)企業の紹介、開発新商品のコンセプト決定・提示
第2回 2017年2月と3月に作成した「試食レポート」の検討、2017年4月に作成した「試食レポート」の検討、ゼミⅠでの「ゼミ活動記録」の作成
第3回 過去の新商品開発のデータ分析、ゼミⅠでの「ゼミ活動記録」の作成
第4回 提案新商品のイメージ・イラストの作成
第5回 上記のイメージ・イラストについてのゼミ報告
第6回 イメージ・イラストにもとづく試作品づくり
第7回 試作品に関しての1回目の経過報告
第8回 試作品に関しての2回目の経過報告
第9回 試作品のネーミングづくりとPOP広告の作成
第10回 試作品に関しての最終報告
第11回 共同研究(コラボレーション)企業への提案新商品に関してのプレゼント資料整理
第12回 共同研究(コラボレーション)企業へのプレゼンテーション
第13回 ゼミⅡでの「ゼミ活動記録」の作成
第14回 ゼミⅡでの「ゼミ活動記録」の作成、提案新商品の「試食レポート」の作成
第15回 2018年2月~3月にかけての宿題の提示(新商品開発に関する入門書・専門書の読み込み)
授業外学習の課題 ①宿題・課題が毎回出されますので、それらを仕上げることがゼミ出席の前提となります。
②指定する文献・資料の読み込みがゼミ出席の前提となります。
③ゼミ中に解らない単語や事項が出た場合には、図書館で調べる習慣を身につけましょう。
履修上の注意事項 ゼミでの課題解決行動を重視します。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 評価は、授業への取り組み(60%)、報告回数(10%)、報告内容(10%)、プレゼンテーション力(10%)、実習(10%)への関与度など日頃の活動によって行います。
テキスト 使用しません。
参考文献 ゼミで、その都度に紹介します。
主な関連科目 ゼミナールⅠ、マーケティング論、マーケティング戦略論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
①もちろんゼミの時間中に受けます。
②研究室でも受けます。
③オフィス・アワーでも受けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 2・3・4