授業コード 11063104 クラス 04
科目名 ゼミナールⅡ 単位数 2
担当者 川本 明人 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 金融機関の種類と役割  Understanding Banks and Financial Institutions
授業の概要 ゼミⅠに続き、日本の経済の現状と金融機関の活動を理解することを目的とする。経済における金融の役割や金融機関の種類を学びながら、日本経済に大きな影響を与えている銀行および金融機関の実態を資料や文献を通じて知る。問題(課題)解決型授業として、ゼミ生が主体的に課題を出し解決策を考えていく。
学習の到達目標 金融機関の種類が整理でき、その業務内容、活動について説明できる。
授業計画 第1回 金融機関の種類を知る(1)
第2回 金融機関の種類を知る(2)
第3回 グループ発表 協同組織金融機関の活動(1)
第4回 グループ発表 地協同組織金融機関の活動(2)
第5回 グループ発表 協同組織金融機関の活動(3)
第6回 グループ発表 流通・ネット系金融機関の活動
第7回 グループ発表 世界の金利・為替相場の現状と課題(1)
第8回 グループ発表 世界の金利・為替相場の現状と課題(2)
第9回 グループ発表 世界の金利・為替相場の現状と課題(3)
第10回 グループ発表 世界の金利・為替相場の現状と課題(4)
第11回 日本の証券会社の活動(1)
第12回 日本の証券会社の活動(2)
第13回 日本の保険会社の活動(1)
第14回 日本の保険会社の活動(2)
第15回 まとめ
授業外学習の課題 課題をグループ等で割り振り、授業外に調べ、それをゼミで発表し、さらに疑問点や研究すべき論点を確認するというサイクルで行います。従って、与えられた課題に関して授業時間以外で調査し、まとめる十分な時間が必要となります。毎回の授業外で行う学習については、その都度指示します。
履修上の注意事項 積極的に学びながら、プレゼン力の向上など少人数授業のメリットを享受してもらいたいと思います。そのため、与えられた課題について、積極的に取り組むこと、疑問点や関心のある点について、質問することを心がけましょう。また、発表テーマについて,必ず課題と解決策を提示し、それに基づいた議論をします。


【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 授業への取り組み60%、課題発表20%、ノートまとめおよび課題提出20%によって総合的に評価する。
テキスト 使用する場合は授業で指示する。
参考文献 川本明人『外国為替・国際金融入門』中央経済社、2012年
その他はそのつど紹介します。
主な関連科目 外国為替論、国際金融論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
ゼミの時間中はもちろん、メール等で連絡があれば、時間設定して研究室等で応じます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 2・3・4