授業コード 11063102 クラス 02
科目名 ゼミナールⅡ 単位数 2
担当者 川瀬 正樹 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 GISの基本的機能と空間データ Basic functions of GIS and spatial data
授業の概要 この授業は、日本地理学会が認定する「GIS学術士」の取得に必要な「GISの基本的機能と空間データの講義を中心とする科目」に該当する。したがって、GIS(地理情報システム)の基本的機能と空間データの講義を中心に行う。ただし、実際にGISを動かしてみなければGISのイメージがわかないため、時折、GISでデータを表示する作業も並行して行う。
学習の到達目標 GISの基本的機能と空間データについて理解する。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 GISの利用・活用分野
第3回 GISの概念と構成
第4回 地図投影法・座標系を理解する
第5回 ベクタデータとラスタデータの違い
第6回 GISの基本的な使い方
第7回 様々な地域統計情報とその入手方法
第8回 電子国土基本図と基盤地図情報およびその入手方法
第9回 地図で見る統計(統計GIS)と国土数値情報とその入手方法
第10回 地理空間情報の取得と表示
第11回 アドレスマッチング(ジオコーディング)による位置情報の取得
第12回 バッファリングとは?
第13回 空間分割(ボロノイ分割)とは?
第14回 オーバーレイ(クリップ,ユニオン,インターセクトの違い)
第15回 まとめ
授業外学習の課題 専門用語が多く出てくるので、復習をしっかり行うこと。
履修上の注意事項 テキストと配布したプリントは、毎回必ず持参すること。
この科目でB以上の評価を得ないとGIS学術士は取得できないので、取得したい学生は特に頑張ること。


【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 授業への取り組み30%、レポート30%、定期試験40%で評価します。
テキスト 適宜プリントを配布します。
参考文献 授業中に指示します。
主な関連科目 地理情報システム論ⅠⅡ、地域産業論、都市経済論、マーケティングリサーチ、流通論、地理学、教養講義(生活の中の地理学)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問は随時受け付けるので、分からないまま、次の作業をやろうとしないで下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 2・3・4