授業コード 11063008 クラス 08
科目名 ゼミナールⅠ 単位数 2
担当者 澄川 真幸 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 マーケティング論の基礎レッスン The Trainings for Marketing Theory and Practice
授業の概要 マーケティング的な思考様式とマーケティング・マインドの涵養をゼミの目的にしています。2年次のゼミⅠでは、マーケティングの基礎レッスンを行います。マーケティングの基礎問題を解決できる術の習得をめざします。また、本ゼミの特徴でもあるのですが、企業と共同研究(コラボレーション)を行い、新商品開発を体験学習してもらいます。
学習の到達目標 文章作成、レジュメ作成、レポート作成、プレゼンテーションや討論ができるようになります。また、新商品開発の一連のプロセスを体験学習し、新商品開発の基本スタイルを身につけられます。
授業計画 第1回 ゼミの概要説明とインフォメーション、過去3年の提案新商品データの配布とデータ解析、実施したマーケット・リサーチ(「若者の街中での食行動調査」)の集計
第2回 共同研究企業の紹介、2017年2月から3月にかけての宿題であったコラボ企業2社の商品の「試食レポート」のグループ学習とグループ別の報告、上記マーケット・リサーチのグラフ化
第3回 提案新商品の商品カテゴリーの決定と食材・レシピの検討、上記マーケット・リサーチの分析
第4回 提案新商品のコンセプトづくりと提案新商品のイメージ・イラストの制作
第5回 提案新商品のイメージ・イラストの報告、提案新商品の試作品づくりの開始
第6回 提案新商品の試作品づくりの1回目の経過報告と検討会、コラボ企業への提案新商品のプレゼンテーション日程の決定
第7回 提案新商品の試作品づくりの2回目の経過報告と検討会
第8回 提案新商品のネーミングの検討
第9回 提案新商品のPOP広告づくりとメニュー表づくり
第10回 提案新商品の試作品づくりの3回目の経過報告と検討会
第11回 提案新商品の試作品づくりの4回目の経過報告と検討会
第12回 提案新商品の試作品づくりの最終報告と企業へのプレゼン資料作成
第13回 企業への提案新商品の提示とプレゼンテーション
第14回 共同研究(コラボレーション)に関するゼミ活動記録の設計と資料整理
第15回 商品化が決定した新商品の「試食レポート」作成の指示と夏季休暇中の宿題の提示
授業外学習の課題 ①事前指導を受けて、資料やデータの検索や収集が必要になります。
②事前指導を受けて、それらの読み込みが必要になります。その際の範囲は事前予告します。
③報告の際には、レジュメの作成が必要となります。
④報告後には、レジュメの再チェックをする習慣を身につけましょう。
履修上の注意事項 授業への取り組みを重視します。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 評価は、授業への取り組み(60%)、報告回数(20%)、報告内容(20%)など日頃の活動によって行います。
テキスト 使用しません。
参考文献 そのつど紹介します。
主な関連科目 マーケティング論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
①もちろんゼミの時間に受けます。
②研究室でも受けます。
③オフィス・アワーでも受けます。
④メールでも受けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 2・3・4