授業コード 11063001 クラス 01
科目名 ゼミナールⅠ 単位数 2
担当者 柏木 信一 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 消費生活と法・経済、取引理論の研究報告
授業の概要  私が提供できるノウハウは、消費者問題・消費者法関連か流通理論関連です。それゆえ、ゼミナールでは、2つのコースを提示します。

Aコース 消費者問題解決のベースとなる民法の理解 
Bコース 流通理論・マーケティング理論(商品政策論含む)

 
 前期のゼミナールⅠでは、上記に関連する共通基礎文献の輪読をします。

 また、自主的オプションとして、公務員試験(民法と経済原論)演習、消費者保護法の講習や法教育・消費者教育の実践、資格試験の勉強会(宅建主任者、司法書士など)も行います。
学習の到達目標 Aコース:民法の理解、消費者契約の理解ができること
Bコース:お客様に感謝される商品政策、自分出しの醸成ができること
授業計画 第1回 消費生活論の基礎理論輪読1
第2回 消費生活論の基礎理論輪読2
第3回 消費生活論の基礎理論輪読3
第4回 消費生活論の基礎理論輪読4
第5回 消費生活論の基礎理論輪読5
第6回 消費生活論の基礎理論輪読6
第7回 消費生活論の基礎理論輪読7
第8回 消費生活論の基礎理論輪読8
第9回 消費生活論の基礎理論輪読9
第10回 消費生活論の基礎理論輪読10
第11回 消費生活論の基礎理論輪読11
第12回 消費生活論の基礎理論輪読12
第13回 消費生活論の基礎理論輪読13
第14回 消費生活論の基礎理論輪読14
第15回 消費生活論の基礎理論輪読15
授業外学習の課題 民法総則と契約法・不法行為法を習得し、かつ、消費者事件や商品に関する記事、文献をよく調べる事。
履修上の注意事項  理論ベースが欠かせない。ゼミでは個別報告と研究をするものゆえ、理論知識は講義科目で身につけること。消費生活論、マーケティング論を必ず2年次に履修・合格すること。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
(ゼミナールⅠ~Ⅳのすべて、もしくはいずれかがPBL科目です。)
成績評価の方法・基準 報告内容、質問・態度、メンバーへのサポートを含めたゼミへの取り組み(80%)+課題(20%)

※ゼミは皆勤が当然である。無断欠席は50点減点で即失格、
  居眠り、私語、正当事由なき欠席・遅刻は1回につき10点減点する。
※ゼミにおいては質問、コメント、問題提起をどんどんしよう。それゆえ、1回も発言しない場合には、出席として認めない。


AA 内容、貢献度共にかなり高い。
A 内容、貢献度は良好。
B 内容的には物足りない。奮起されたし。
C 最低レベルだが、ゼミⅡの単位は認定する。
D 登録抹消・失格(再履修も不可)
X 次年度で再度履修を求める。
テキスト 随時指示します。
参考文献 柏木信一『21世紀の商学原論-経済、商、法の3極思考-』晃洋書房
主な関連科目 商学概論、消費生活論、民法Ⅰ・Ⅱ、マーケティング論、流通論、商業論、消費者政策論。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
ゼミ生は、個別にいつでも対応します。ゼミ加入時に連絡先をお知らせしますので、そちらをご利用下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 2・3・4