授業コード 11043509 クラス 09
科目名 卒業論文 単位数 4
担当者 富川 久美子 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 観光に関する卒業論文の作成 Graduation Thesis on Tourism Study
授業の概要 それぞれが興味のあるテーマに関して論文を作成していく。観光学の基礎は2年次の資料を参考にし、テーマ設定や論文の書き方は、3次のゼミレポートや報告書を修正しながら進めていく。前期中に文献研究をし、夏季休暇中に調査を実施する。文献や調査結果をまとめ、報告会および複数回の提出・修正を経て論文完成に向ける。
学習の到達目標 計画的に論文作成に取り組み、十分な文献講読と調査を踏まえて執筆する。
授業計画 第1回 卒論作成の進め方
第2回 テーマ設定
第3回 論文の書き方
第4回 図書館ガイダンス
第5回 文献講読とレジュメ作成
第6回 文献講読とレジュメ作成
第7回 文献講読とレジュメ作成
第8回 文献講読および執筆
第9回 調査方法の検討と調査計画作成
第10回 調査計画および調査の準備
第11回 調査の準備
第12回 調査の準備
第13回 調査の準備と論文執筆
第14回 中間報告会
第15回 論文内容・調査計画の見直し
第16回 調査報告および調査結果の分析
第17回 調査結果の分析
第18回 調査結果のまとめおよび追跡調査の計画
第19回 追跡調査の準備
第20回 追跡調査結果の分析および論文執筆
第21回 追跡調査結果の分析および論文執筆
第22回 追跡調査結果の分析および論文執筆
第23回 論文執筆・修正
第24回 論文執筆・修正
第25回 論文執筆・修正
第26回 論文執筆・修正
第27回 論文執筆・修正
第28回 論文発表会
第29回 論文執筆・修正
第30回 提出に向けての最終修正・確認
授業外学習の課題 文献講読を進め、授業でその内容を報告する。授業では、課題の報告の時間とするため、毎回、着実に課題をこなしていくこと。調査は夏季休暇中に実施し、不足があれば追跡調査を行う。
履修上の注意事項 必ず出席し、文献講読、論文執筆の進捗状況や加筆内容を報告する。計画どおりに進まない場合は提出が難しくなります。提出・修正の繰り返しが多いので、早めに執筆しましょう。
成績評価の方法・基準 平常点20%、完成論文80%により判断する。
論文は1200字A4用紙20枚以上とする。
テキスト なし
参考文献 各自で収集
主な関連科目 観光論、国際観光、観光地域論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
メールでアポをとって研究室に来てださい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 4