授業コード 11043506 クラス 06
科目名 卒業論文 単位数 4
担当者 坂根 嘉弘 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 卒業論文の作成指導
授業の概要 ゼミナールⅠ~Ⅳで学んだ内容を踏まえて、卒業論文を作成する。卒業論文テーマは、各自が自由に設定する。
関連文献、新聞資料などの収集作業を行い、それを読み込んで、論文執筆の準備を行っていく。
個別指導で論文作成を進めていく。
各人の中間報告と討論を重ね、論文内容を固めていく。
10月から執筆に入り、論文の添削指導を繰り返す。
毎回、経済についての時事問題の学習を行う。
学習の到達目標 卒業論文を作成し、完成させる。時事問題を理解できるようになる。
授業計画 第1回 ガイダンス、卒業論文完成までの予定を確認する。経済についての時事問題の学習。
第2回 テーマの決定と関連文献・資料の収集①
経済についての時事問題の学習。
第3回 テーマの決定と関連文献・資料の収集②
経済についての時事問題の学習。
第4回 テーマの決定と関連文献・資料の収集③
経済についての時事問題の学習。
第5回 テーマの決定と関連文献・資料の収集④
経済についての時事問題の学習。
第6回 テーマの発表と最終決定①
経済についての時事問題の学習。
第7回 テーマの発表と最終決定②
経済についての時事問題の学習。
第8回 テーマの発表と最終決定③
経済についての時事問題の学習。
第9回 テーマの発表と最終決定④
経済についての時事問題の学習。
第10回 関連文献と資料の収集、分析①
経済についての時事問題の学習。
第11回 関連文献と資料の収集、分析②
経済についての時事問題の学習。
第12回 関連文献と資料の収集、分析③
経済についての時事問題の学習。
第13回 関連文献と資料の収集、分析④
経済についての時事問題の学習。
第14回 関連文献と資料の収集、分析⑤
経済についての時事問題の学習。
第15回 前期のまとめと夏休みの課題を決定。
経済についての時事問題の学習。
第16回 関連文献と資料の分析と論文の中間報告①
経済についての時事問題の学習。
第17回 関連文献と資料の分析と論文の中間報告②
経済についての時事問題の学習。
第18回 関連文献と資料の分析と論文の中間報告③
経済についての時事問題の学習。
第19回 関連文献と資料の分析と論文の中間報告④
経済についての時事問題の学習。
第20回 関連文献と資料の分析と論文の中間報告⑤
経済についての時事問題の学習。
第21回 執筆、論文の添削指導①
経済についての時事問題の学習。
第22回 執筆、論文の添削指導②
経済についての時事問題の学習。
第23回 執筆、論文の添削指導③
経済についての時事問題の学習。
第24回 執筆、論文の添削指④
経済についての時事問題の学習。
第25回 執筆、論文の添削指導⑤
経済についての時事問題の学習。
第26回 論文の最終発表・口頭試問と講評①
経済についての時事問題の学習。
第27回 論文の最終発表・口頭試問と講評②
経済についての時事問題の学習。
第28回 論文の最終発表・口頭試問と講評③
経済についての時事問題の学習。
第29回 論文の最終発表・口頭試問と講評④
経済についての時事問題の学習。
第30回 論文の最終発表・口頭試問と講評⑤
経済についての時事問題の学習。
授業外学習の課題 授業時間外の文献収集、資料収集が不可欠で重要な作業となる。論文に必要な関連文献、資料を常に心掛け、収集してほしい。また、その分析も授業時間外の作業となる。
履修上の注意事項 授業時間外の作業が多くなり、かつそれがメインとなるので、坂根と連絡を取り、相談してほしい。それにより、進行状況を常にチェックする。
成績評価の方法・基準 卒業論文の内容60%、授業や論文への取り組み態度40%で評価する。
テキスト 指定しない。
参考文献 指定しない。
主な関連科目 日本史、教養講義(日本近代史)、日本経済史、日本金融史
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業外での指導が重要になるので、必要に応じて連絡を取ること。基本的にメールで連絡する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 4