授業コード 11043502 クラス 02
科目名 卒業論文 単位数 4
担当者 川瀬 正樹 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 卒業論文の作成指導
授業の概要 ゼミナールⅠ~Ⅳで学んだ内容をふまえ、各自が自由にテーマを設定し、卒業論文を執筆する。教室で分析作業やGIS(地理情報システム)を用いた作図作業、論文執筆作業を行い、個別に指導するほか、各人が中間発表で進捗状況を発表し、質疑応答と討論を行う。
学習の到達目標 卒業論文を完成させる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 テーマの決定,資料・文献収集(1)
第3回 テーマの決定,資料・文献収集(2)
第4回 テーマの決定,資料・文献収集(3)
第5回 テーマ発表(1)
第6回 テーマ発表(2)
第7回 論文の読み込み,論文紹介レジュメ作成(1)
第8回 論文の読み込み,論文紹介レジュメ作成(2)
第9回 論文の読み込み,論文紹介レジュメ作成(3)
第10回 資料収集、分析、GISによる主題図作成(1)
第11回 資料収集、分析、GISによる主題図作成(2)
第12回 資料収集、分析、GISによる主題図作成(3)
第13回 資料収集、分析、GISによる主題図作成(4)
第14回 夏休み前の中間発表(1)
第15回 夏休み前の中間発表(2)
第16回 夏休み後の中間発表(1)
第17回 夏休み後の中間発表(2)
第18回 資料収集、分析、GISによる主題図作成、執筆(1)
第19回 資料収集、分析、GISによる主題図作成、執筆(2)
第20回 資料収集、分析、GISによる主題図作成、執筆(2)
第21回 資料収集、分析、GISによる主題図作成、執筆(3)
第22回 資料収集、分析、GISによる主題図作成、執筆(4)
第23回 資料収集、分析、GISによる主題図作成、執筆(5)
第24回 最終発表(1)
第25回 最終発表(2)
第26回 執筆、添削指導(1)
第27回 執筆、添削指導(2)
第28回 執筆、添削指導(3)
第29回 執筆、添削指導(4)
第30回 口頭試問、講評
授業外学習の課題 卒業論文は,当然のことながら授業時間内だけでは完成しない。論文執筆に必要な文献や資料等を日々収集し,それらを分析することの積み重ねがが必要となる。
履修上の注意事項 卒業論文の作成は、指導教官と連絡を密に取り合うことが重要である。テーマの設定から調査方法、論文構成など、早い段階から積極的に相談すること。
GIS学術士の資格取得を目指す人は,GISを活用して卒業論文を執筆することが必須となる。
成績評価の方法・基準 卒業論文の内容70%、授業への参加態度15%、卒業論文への取り組み15%で評価する。
テキスト 特になし。資料、プリントを適宜配布する。
参考文献 安仁屋政武『主題図作成の基礎』(地人書房)
菅野峰明ほか『地理学講座2 地理的情報の分析手法』(古今書院)
高橋伸夫・溝尾良隆編『地理学講座6 実践と応用』(古今書院)
正井泰夫・小池一之編『卒論作成マニュアル-よりよい地理学論文作成のために-』(古今書院)
主な関連科目 地域産業論・都市経済論、地理情報システム論I・II、地理学,教養講義(生活の中の地理学),観光論,観光地域論など
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中に適宜対応するほか,個別相談に応じるので,必要に応じて連絡を取ること。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 4