授業コード 11043501 クラス 01
科目名 卒業論文 単位数 4
担当者 柏木 信一 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 卒業研究
授業の概要 卒業論文の完成
テーマは、商学又は経済学、民法学の領域から柏木が許可したものに限る。
学習の到達目標 商学、経済学、経営学、法律学のいずれかの観点から研究論文を完成できること
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 執筆実習1
第3回 執筆実習2
第4回 執筆実習3
第5回 執筆実習4
第6回 執筆実習5
第7回 執筆実習6
第8回 執筆実習7
第9回 執筆実習8
第10回 執筆実習9
第11回 執筆実習10
第12回 執筆実習11
第13回 中間報告会1
第14回 中間報告会2
第15回 中間報告会3
第16回 研究指導1
第17回 研究指導2
第18回 研究指導4
第19回 研究指導5
第20回 研究指導6
第21回 研究指導7
第22回 研究指導8
第23回 研究指導9
第24回 研究指導10
第25回 研究指導11
第26回 最終報告会1
第27回 最終報告会2
第28回 最終報告会23
第29回 卒業学力考査
第30回 卒業論文最終試験
授業外学習の課題  経済学、マーケティング、消費者保護法・民法、経営学に関する専門文献を20冊以上読み、その中から引用すること。
履修上の注意事項 ※必ず専門書・学術論文を読み、論文中に5冊以上引用すること。ここでいう専門書とは、流通論、マーケティング論、民法、消費者保護、消費者教育、経済理論、文庫本(岩波新書、中公新書など)、社会科学の古典(例:A.スミス『諸国民の富』など)に関するものである。

※剽窃、コピーペーストは著作権侵害に加えて研究考察の形跡がないものなので、不可。

※Wikipedia、2chは資料として不適なので認めない。また、新聞記事の引用が半数以上を占めているものは、研究論文として、不可。

※卒論を落とすと卒業ができなくなるような状態にしないこと。最低でも3年次終了で108単位以上、4年時前期終了で120単位以上獲得すること。

※講義日に参加できない時は、執筆又は就活の近況をメールで送ること。
成績評価の方法・基準 専門知識に関する口頭試問(50)+論文の内容(50)で評価する。

水準が卒業論文として十分ならA以上、卒業研究ノートとして十分ならB以上とする。
テキスト
参考文献
主な関連科目 大学における社会科学科目すべて
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
個別に受けるので、事前に知らせること。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(D群) 2007~2016 4