授業コード 11021200 クラス
科目名 証券市場論Ⅰ 単位数 2
担当者 仲村 靖 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 証券市場論Ⅰ Theory of Securities Market Ⅰ
授業の概要  証券市場の基礎概念と、わが国の証券市場の歴史的発展について解説します。
 続いて、証券投資の基礎について解説します。
学習の到達目標 証券市場の役割と証券投資に関する基礎的な知識を習得できる。
授業計画 第1回 証券市場論の対象
 有価証券とは何か、間接金融と直接金融、金融市場の構成などについて序論的な説明を行う。
第2回 証券市場の構成と役割
 証券の発行市場と流通市場およびその役割を解説する。
第3回 証券会社と証券取引所の役割
 証券会社と証券取引所の役割を解説する。
第4回 証券価格の形成
 証券価格と利子率の関係、リスク・プレミアムについて解説する。
第5回 金融自由化と企業金融の変貌①
 部門別資金需給の変化を軸に戦後日本の証券市場の発達を概観し、企業の資金調達・運用の変貌の意味について考察する。
第6回 金融自由化と企業金融の変貌②
 部門別資金需給の変化を軸に戦後日本の証券市場の発達を概観し、企業の資金調達・運用の変貌の意味について考察する。
第7回 金融自由化と企業金融の変貌③
 部門別資金需給の変化を軸に戦後日本の証券市場の発達を概観し、企業の資金調達・運用の変貌の意味について考察する。
第8回 投資の基本概念
 収益率の考え方などの投資の基本概念を解説する。
第9回 現在価値と将来価値①
 お金の時間的価値、単利と複利、期間収益率への換算(単利法・複利法)
第10回 現在価値と将来価値②
 多期間投資の平均収益率(算術平均・幾何平均)、複利運用と再投資期間の長さ
第11回 投資の決定と現在価値①
 割引現在価値の考え方、投資価値の判断、多期間にわたる投資および収入が複数回ある投資の現在価値
第12回 投資の決定と現在価値②
 債券の価値、内部収益率
第13回 投資の決定と現在価値③
 各種債券利回り、スポット・レートとフォワード・レート
第14回 株価分析の手法①
 ファンダメンタル分析
第15回 株価分析の手法②
 テクニカル分析
授業外学習の課題 講義は体系的に行われます。既に学習した内容を前提として講義が展開されていきますので、分からなかった事柄は、質問するなり自分で調べるなりして、積み残したままにしないようにしましょう。受講前に前回までのノートを復習しておくと、講義の理解がスムーズになるでしょう。
履修上の注意事項 関連科目を履修している方が理解が深まると思います。また、ニュースになった金融・証券関係の出来事をその都度解説しますので、新聞等を読む習慣をつけておきましょう。
なお、計算問題を頻繁に解いてもらいますので、特に指数計算のできる電卓(関数電卓や金融電卓)かPCを持参してください。(スマートフォンにプリインストールされている計算機アプリでも大丈夫です)。
授業中の私語やスマートフォンの私用操作は,授業への取り組みを妨げるので厳禁です。
成績評価の方法・基準 小テスト20%、前期試験80%で評価します。
常に出席して講義を良く聴いていないと、単位取得は難しいと思います。
テキスト ナシ。必要な資料等はプリントして配布します。
参考文献 野村證券投資情報部編『証券投資の基礎』丸善 2002年
氏家純一編『日本の証券市場』東洋経済新聞社 2002年
広島修道大学商学部国際商学科編
 『はじめての国際商学』 フタバ図書 2004年 第14章
主な関連科目 証券市場論Ⅱ、金融システム論・金融政策論、外国為替論・国際金融論、経営財務論Ⅰ・Ⅱ、ファイナンス論Ⅰ・Ⅱ、C群特殊講義(証券投資とライフプランニング)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
①まず、授業中に質問してください。
②授業中が難ければ、授業終了後に質問してください。
③これも難しい場合は、アポイントメントを取ってください。時間を調整します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2011~2016 3・4
商学部経営学科(C群) 2011~2016 3・4