授業コード 11020200 クラス
科目名 広告論Ⅱ 単位数 2
担当者 曽 憲忠 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 広告論ⅡAdvertisingⅡ
授業の概要 企業のマーケティング戦略の重要構成要素として、広告はコミュニケーションの側から経営戦略を支援するだけではなく、企業広告に見られるように企業の存在意義そのものに係わる重要な要素でもあり、さらには政治、経済、法律、社会、文化などとも多大な影響を及ぼしあっている。また、近年のインターネットに代表される情報テクノロジーの激変、メディアの進化は、これまでのマスコミ媒体主導型広告活動に転換を迫り始めている。
後期では今日の広告の現状を踏みながら、広告と企業或いは現代社会全体の関係等について講述したい。
学習の到達目標 広告に関する企業や社会の新しい動向を把握できる感覚を強化し、その未来についての俯瞰する能力を養っていく。
授業計画 第1回 広告市場と広告ビジネス
第2回 総合型マーケティング・コミュニケーション(IMC)
第3回 広告と媒体計画
第4回 広告メディア(1)
第5回 広告メディア(2)
第6回 インターネット広告
第7回 広告の新しい技法
第8回 広告会社の組織・構造・機能
第9回 広告計画と管理(1)
第10回 広告計画と管理(2)
第11回 広告事例研究
第12回 日中米の広告比較
第13回 BtoB広告
第14回 社会的コミュニケーション手段としての広告
第15回 広告の課題と未来像
授業外学習の課題 日常生活に接触する広告を授業内容と関連して考え直すこと。授業中に広告の表現内容と方法に関する質問があるので、事前に準備しておくこと。期末レポートを提出してもらうため、普段から関連資料とデータを集めること。
履修上の注意事項 主にパワーポイントによる講義。海外CMの受賞作品を見てもらう機会を定期的に設ける。期間中に小テストを行う。
成績評価の方法・基準 期末レポート(60%)に受講態度及び課題提出(40%)を加味して評価する。
テキスト 特になし(必要に応じて参考資料のプリントなどを配布する)。
参考文献 講義でテーマごとに推薦図書、資料等を随時紹介する。
主な関連科目 経営学 マーケティング論 心理学 社会学
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中に配布する質問用紙か出席カードを使用する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2007~2016 3・4
商学部経営学科(E群) 2011~2016 3・4