授業コード 10031300 クラス
科目名 A1群特殊講義a(新商品開発入門) 単位数 2
担当者 川原 直毅 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 新商品開発(Basic study of New Product Development)
授業の概要 商学科の学生のなかには新商品開発、新サービスなどに興味・関心を持っているのではないでしょうか。しかし、新商品開発と言っても、何をどのようにすればいいのか、単に自分が考え付いたアイデアも世の中には似たようなモノが沢山あります。なかなかオリジナリティに溢れた新商品開発は難しいのが実情です。また、このような新商品開発を具体的且つ実践的に学ぶ機会は通常の授業科目ではほとんど無い状態です。
そこで、この授業では、例えば、地域資源を活用した新商品開発、農商工連携による新商品開発、地場企業の新商品や新サービスなどの事例から、アイデアの創出、発想法、新商品開発のプロセス、売れるための仕組みづくり、そのためのブラッシュアップの仕方、広告作成などを学ぶことを目的とする。
学習の到達目標 新商品開発のためのアイデアの創出法が学べる。
マーケティングの基礎知識、ツールの使い方が分かる。
アイデアの具現化ができる。
広告が作れる。
プレゼンテーション能力が身に付く。
授業計画 第1回 新商品開発と市場の動向~時代を反映した日常品からブランド品まで~
第2回 消費者ニーズとウォンツの違いと商品化
第3回 新商品の発想法(1)~マーケティングの基礎知識~
第4回 新商品開発の発想法(2)BS、NM、KJ、シネクティックス法など
第5回 ケース・スタディから学ぶ新商品開発 ㈱イシカワ
第6回 グループワークによるアイデア創出とプライベート・アイデア
第7回 アイデア創出のブラッシュアップとカスタマイズⅠ
第8回 アイデア創出のブラッシュアップとカスタマイズⅡ
第9回 プロに学ぶ広告作成(1)広告の役割と作成のポイント
第10回 プロに学ぶ広告作成(2)自主制作広告とプロからのアドバイス
第11回 新商品開発(1)地域資源を活用した新商品開発
第12回 新商品開発(2)農商工連携による新商品開発
第13回 新商品開発の市場性、独自性、優位性の分析法
第14回 新商品開発のプレゼンテーション(1)日本政策金融公庫 門野誠治氏
第15回 新商品開発のプレゼンテーション(2)日本政策金融公庫 門野誠治氏
授業外学習の課題 新商品開発に求められる発想力、アイデアの創出のためには、毎日、自分が利用する店の商品を多角的な視点から見る習慣が必要です。特に、消費財については、テレビCM、新聞広告やチラシ広告は情報源となります。日用品、買回り品をじっくり比較すると、今まで見過ごしていたモノが見えるようになります。そのためのトレーニングが大事です。商品カテゴリー別に情報整理をすることを心掛けましょう。
履修上の注意事項 この授業は、少人数のグループ・ワーク中心のゼミ形式です。そのため、前期の商学概論を履修した者、授業開始前に履修希望者への事前説明会を行います。この説明会に出た者を優先します。なお、希望者多数の場合は選考とします。
授業はPBL重視で常に双方向とします。ただ単に話を聞くのではなく、受講生が自ら積極的に新商品を開発するという意識を持って質疑応答して下さい。また、イメージスケッチ、コンセプト・シートなどを使って見える化をします。無断欠席は認めません。
授業中の私語は他の学生の迷惑となりますので止めて下さい。また、携帯電話、スマホは一切禁止します。このルールが守れない学生は直ちに除籍します。
成績評価の方法・基準 シラバスの沿って学生ここの理解度を見ます。新商品のアイデア、発想のユニークさ、プレゼン能力、最終的にはアイデアの創出数、イメージスケッチの得点(70%)、プレゼン(20%)、実現可能性(10%)によって評価します。
テキスト 必要に応じて紹介します。
参考文献 経産省の農商工連携、地域資源のこれまでの実際の事例を参考に適宜、資料を配布します。
主な関連科目 商学概論、総合教養講義a(現代社会とマーケティング)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中は常に質疑応答の時間です。分からないことがあれば、遠慮せずその場で訊きましょう。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(A1群) FCBS11141 2017~2017 1・2・3・4
商学部経営学科(A1群) FCBA11141 2017~2017 1・2・3・4