授業コード 10029700 クラス
科目名 B群特殊講義(社長に学ぶ中小企業経営) 単位数 2
担当者 木村 弘 他 履修期 年間授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 社長に学ぶ中小企業経営
授業の概要 「自分のお店を持ちたい」「社長になりたい」「後継ぎ候補だけど」「なんとなく社長に興味がある」。こうしたニーズに応えるための講義です。
 大学で学習するさまざまな主要な理論と,実際に行われている企業経営をつないでいきます。この講義の特徴は,中小企業の経営者に講義をしてもらうことです。実際の企業経営の話を聞くと,大学で勉強している理論の重要性に気づきやすくなります。
 そして,自分自身で疑問を考え出し,経営者や教員に直接質問することで学習効果を促進します。さらに,疑問点は社長の会社に直接出向いて確認させてもらえるようにお願いしてあります。
 前半で経営者の話を中心に議論をまとめます。そして,重要な点を理論につき合わせを行います。後半は,重要な点をいかに理論的にとらえて,解釈していくのか,リサーチ方法を各自で考えます。夏休み期間中,自分の疑問と向き合いながら,じっくりと経営学の勉強ができるように構成します。
学習の到達目標 ①自分なりの分析枠組みの構築ができる。
②分析枠組みを使って経営現象を考察できる。
③社会人との円滑な情報交換ができる。
授業計画 第1回 ガイダンス(4月6日)
第2回 経営理論の学習①(4月20日)
第3回 経営理論の学習②(5月11日)
第4回 経営理論の学習③(5月25日)
第5回 中小企業経営者の話①(6月8日)
第6回 要点のまとめ(6月22日)
第7回 中小企業経営者の話②(7月6日)
第8回 要点まとめ(7月13日)
第9回 前半のふりかえり(7月20日)
第10回 報告書(課題論文)の作成指導①(9月14日)
第11回 報告書(課題論文)の作成指導②(9月28日)
第12回 中小企業経営者の話③(10月12日)
第13回 要点のまとめと報告書(課題論文)作成指導③(10月26日)
第14回 報告書(課題論文)の仮仕上げ(11月16日)
第15回 課題論文の報告(12月7日)
授業外学習の課題 講義では毎回宿題が出ます。次回までに自分の考えをまとめた報告書類の作成が求められます。他講義の内容,自分の興味がある学習分野を,しっかりと理解しておくことが望ましいです。
 経営戦略論,経営組織論などの基礎的な理論に関して一通りの知識があると,調査方法の設定がやりやすくなると思います。日頃の講義を大切にしてください。
履修上の注意事項 経営者のお話の回は必ず出席するようにしてください。理論を生かすための情報収集の場となりますので,学習効果を促進するためにも,出席には気をつけてください。夏季休業中にフィールドワークによる確認作業を実施できると,理解がさらに深まると思います。
成績評価の方法・基準 学内授業の取り組み 20%
調査資料の作成   60%
報告会       20%

以上により,総合的に評価する。
テキスト 植田他『中小企業・ベンチャー企業』有斐閣,2014年。
参考文献 井上他『中小企業経営入門』中央経済社,2014年。
主な関連科目 経営学関連全般
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
ゲストスピーカーを含め,夏季休業中も質問を受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4